ニュース
» 2014年03月18日 22時35分 UPDATE

iPad 2販売終了:低価格版iPadが「iPad Retinaディスプレイモデル」に 価格は3万9800円

Appleが3月18日、最も低価格な「iPad」としてラインアップに残っていた「iPad 2」の販売を終了し、「iPad Retinaディスプレイモデル」の値下げを発表。これまでのiPad 2と同じ価格で、iPad Retinaディスプレイモデルが購入できるようになった。

[ITmedia]
iPad第4世代 iPad Retinaディスプレイモデルが、最も低価格なiPadとなる

 Appleが3月18日、「iPad Air」よりも安く入手できる、9.6インチディスプレイを採用した低価格なiPadを、「iPad 2」から「iPad Retinaディスプレイモデル」(第4世代iPad)に変更すると発表した。ボディカラーはブラックとホワイトの2種類で、価格は16GバイトのWi-Fiモデルが3万9800円、16GバイトのWi-Fi+Cellularモデルが5万3800円。

 iPad 2は、16GバイトのWi-Fiモデルが3万9800円、同じく16GバイトのWi-Fi+Cellularモデルが5万3800円だったが、このモデルをiPad Retinaディスプレイモデルに置き換える。これまで、Apple Storeなどでは、iPad Retinaディスプレイモデルは、販売していなかったが、au Online Shopなどで、16GバイトのWi-Fi版が4万6800円、16GバイトのWi-Fi+Cellular版が5万8800円で販売されていた。つまり低価格モデルの価格は据え置いたまま、低価格iPadのスペックが大きく向上する。

 このiPad Retinaディスプレイモデルは、OSにiOS 7を採用した最新モデル(iPad 2はiOS 7.1の一部機能に非対応)。CPUはA6X、5MピクセルのiSightカメラ、Lightningコネクタを備え、Wi-Fi+Cellular版ではLTEも利用できる。

※初出時に「iPad 2はiOS 7に非対応」との記載がありましたが誤りでした。おわびして訂正いたします。(3/19 12:38)

 本稿執筆時点で、オンラインのApple Storeでは、すでにiPad 2の販売は終了している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-