ニュース
» 2014年03月27日 12時03分 UPDATE

エプソン、“ページプリンタ並み”の耐久性を実現したA3ノビ対応インクジェットプリンタ

エプソンは、ビジネス向けモデルとなるA3ノビ印刷対応のインクジェットプリンタ/インクジェット複合機「PX-S7050」「PX-M7050F」を発表した。

[ITmedia]

 エプソンは3月27日、ビジネス向けのA3ノビ対応インクジェットプリンタ「PX-S7050」、およびインクジェット複合機「PX-M7050F」の2製品を発表した。発売時期は2014年8月上旬の予定。価格はともにオープン、予想実売価格はPX-S7050が5万円台後半、PX-M7050Fが22万円台後半の見込みだ。

photophotophoto PX-S7050(左)、PX-M7050F(中)、PX-M7050F+増設カセット/専用キャビネット装着時(右)

 2製品はともに、A3ノビまでの大判印刷に対応したインクジェットプリンタ/複合機で、ノズルを高密度化した「PrecisionCore(プレシジョンコア)」プリントヘッドの採用により24枚/分(カラー/モノクロとも)の高速印刷を実現した。インクは全色顔料インクを採用。耐久性は、同社製ビジネスインクジェットプリンタ製品中最大となる30万ページに高められているのも特徴だ。給紙枚数は標準で250枚(+背面MPトレイ80枚+手差し1枚)で、さらに増設カセット3段(500枚×3)をオプション追加することもできる。

 複合機モデルのPX-M7050Fは、印刷機能に加えてスキャン/コピー/ファクス機能を搭載。スキャンは両面同時読み取りに対応するほか、ADF(自動原稿送り装置)による用紙サイズ混在(A3とA4、またはB4とB5)のスキャンも可能だ。

 本体サイズおよび重量は、PX-S7050が567(幅)×902(奥行き)×562(高さ)ミリ(使用時)/約26.5キロ、PX-M7050Fが590(幅)×902(奥行き)×562(高さ)ミリ(使用時)/約35.9キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.