ニュース
» 2014年04月03日 03時00分 UPDATE

キーボードとマウスで使いやすく進化:「Windows 8.1 Update」は4月8日公開

米Microsoftは現地時間の4月8日にWindows 8.1の大型アップデート「Windows 8.1 Update」を無償公開する。

[ITmedia]
tm_1403win_01.jpg 「Build 2014」の基調講演でWindows 8.1 Updateの提供日が正式に発表された

 米Microsoftは4月2日(現地時間、以下同)、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催した開発者カンファレンス「Build 2014」の基調講演にて、「Windows 8.1 Update」を4月8日に無償公開すると発表した。MSDNサブスクリプション会員向けには、4月2日に提供を開始する。

 Windows 8.1 Updateは、Windows 8.1の大型アップデート。使い方が分かりづらかった部分を改善しつつ、キーボードやマウスを使った操作でもスタート画面やWindowsストアアプリを扱いやすく機能拡張しているのが特徴だ。

 主な機能強化点は以下の通り。

  • スタート画面の右上に電源ボタンと検索ボタンを追加
  • スタート画面に右クリックメニューを追加(タイルやアプリのアイコンを右クリックし、タスクバーにピン止めするなどの操作が可能)
  • デスクトップのタスクバーにWindowsストアアプリを登録して起動、切り替えが可能
  • WebブラウザのIE11に、企業向けのIE8互換モードを用意
  • メモリ1Gバイト、ストレージ16Gバイトで快適動作
tm_1403win_02.jpgtm_1403win_03.jpg Windows 8.1 Updateのスタート画面は、右上に電源ボタンと検索ボタンを追加している(画像=左)。スタート画面の右クリックメニューから、タスクバーへのピン止めやアンインストール、リサイズなどの操作が可能になった(画像=右)
tm_1403win_04.jpgtm_1403win_05.jpg デスクトップのタスクバーに、デスクトップアプリだけでなく、Windowsストアアプリを登録して起動や切り替えが行える(画像=左)。WebブラウザのIE11に、企業向けのIE8互換モードを用意した(画像=右)

 なお同社は、Windows 8.1 Updateを提供した後のアップデート内容として、デスクトップのスタートメニューが復活し、その中にスタート画面のライブタイルを表示する機能や、デスクトップでWindowsストアアプリをウィンドウ表示できる機能が追加されることも発表した。

tm_1403win_06.jpg 「Windows 8.1 Updateの次」のアップデートでは、ライブタイルを表示できる新しいスタートメニューや、Windowsストアアプリのウィンドウ表示機能が追加される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.