ニュース
» 2014年07月19日 13時27分 UPDATE

1等は10万円相当の旅行券!:インテル、“Devil's Canyon”発売記念イベント実施中

秋葉原のショップをめぐるスタンプラリーでは、豪華賞品を用意。Intel Club Extremeに登録すれば、抽選回数が増える! 

[ITmedia]

涼しくて歩きやすいから秋葉原においでよ

 インテルは、7月19日に秋葉原で“Devil's Canyon”(開発コード名)こと「Core i7−4790K」発売イベントを行っている。時間は11時から18時まで。急げばまだ間に合う!

 イベントでは、秋葉原のショップを回るスタンプラリーとインテルが設営した特設会場におけるデモブース展示を行っている。

 注目したいのはスタンプラリーで当たる“豪華”商品だ。1等はJTB旅行券が10万円(!)分。2等はキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7i」、3等がASUSTeKの4K対応(!)28型液晶ディスプレイの「PB287Q」、4等がASUSTeKのR.O.G.シリーズマザーボードの「MAXIMUS VII HERO」と堂々たる製品が並ぶ。どれも当選人数は7名と数も多い。

kn_devilevnt_02.jpgkn_devilevnt_03.jpg 特設会場に設けた抽選会場。スタンプを集めてここで豪華賞品をかけて運試し。回るショップを10店舗コンプリートしたりIntel Club Extremeに入会すると抽選n回数が増える(写真=左)!  しかし、10万円相当の旅行券にEOS Kiss X7i、4Kディスプレイと、本当に豪華だ……(写真=右)

 スタンプラリーでは、イベント参加ショップ10店舗を4つのゾーンに分けて、それぞれのゾーンごとに1店舗のスタンプを集めて特設会場に戻ってくると、抽選が1回できる。

 スタンプラリーに参加しているショップと所属ソーンは次の通りだ。

  • Aゾーン:ドスパラ パーツ館、ドスパラ 秋葉原本店、G-Tune:Garage
  • Bゾーン:BUY MORE秋葉原本店、ソフマップ リユース総合館
  • Cゾーン:パソコンショップ アーク、ZOA 秋葉原本店、TSUKUMO eX館
  • Dゾーン:TSUKUMO 本店、マウスコンピューター秋葉原ダイレクトショップ
kn_devilevnt_04.jpgkn_devilevnt_05.jpg スタンプラリー参加ショップでは店頭、店内にスタンプポイントを用意している。スタンプラリー用紙は、スタンプポイントか秋葉原の各所にいるインテルスタッフからもらえる

 抽選できるのは原則1人1回まで。ただし、参加ショップ10店舗のスタンプすべてを集めてくれば2回抽選が可能で、さらに、インテルが運営しているファンクラブ「Intel Club Extreme」の会員には、抽選回数が1回増える特典もある。

 なお、特設会場に掲げているIntel Club Extreme紹介パネルにあるQRコードを読み込むと、そのまま登録画面にアクセスできる。そこで会員登録をすればその場で抽選回数が1回増える特典を利用できる。

kn_devilevnt_06.jpg 特設会場に掲げたIntel Club ExtremeのポスターにあるQRコードを利用して会員登録も可能だ。その場で抽選回数が1回増える

 特設会場では、“Devil's Canyon”Corei7-4790Kと“Sandy Bridge”Core i7-2700Kを組み込んだPCでベンチマークテストのスコアを比較したり、店頭販売開始から20周年を迎えたPentiumシリーズの「年表」で歴代モデルのスペックを確認できたりする。特に年表では、これまでインテルが“公式”には紹介してこなかった「開発コード名」も併記してあるので、一見の価値ありだ。

 スタンプラリーの抽選は19日の18時まで。まだまだ間にあう。豪華賞品もたくさん残っている。土曜の午後、いまからPentiumの歴代ロゴスタンプを集めながら秋葉原を歩いてみないか? 

kn_devilevnt_07.jpgkn_devilevnt_08.jpg 特設会場では、“Devil's Canyon”と“Sandy Bridge”のベンチマークテストスコアを比較したり、歴代Pentiumの進化をスペックで確認できたりする。開発コード名のリストは興味深い資料といえるだろう

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.