ニュース
» 2014年08月04日 20時00分 UPDATE

第1弾はゲーマー向けのハイエンドモデルで:サンディスク、「Extreme PRO」で日本のSSD市場に本格参入

サンディスクがようやくSSDを日本市場で販売する。その第1弾では、シーケンシャルリード550Mバイト/秒という高性能を訴求する。

[ITmedia]

階層構造キャッシュで長期間使っても性能維持

 サンディスクは、8月4日に日本のリテール市場向けにSSDを投入することを明らかにした。登場するのは「サンディスク エクストリーム プロ SSD」(以下、Extreme PRO」で、出荷開始は9月上旬からの予定だ。

 容量別に240Gバイト、480Gバイト、そして、960Gバイトを用意する。価格はオープンだが、実売予想価格は税別で240Gバイトモデルが2万円前後、480Gバイトモデルが4万円前後、960Gバイトモデルが6万5000円前後となる見込みだ。

kn_sandiskssd_01.jpg 日本のリテール市場における本格的な参入となる「サンディスク エクストリーム プロ SSD」

 サンディスクでは、SSDの市場を価格重視のエントリークラスと、コストパフォーマンスを重視したメインストリーム、そして、性能を重視したゲーミング/エンスージアスト向けに分類しているが、Extreme PROは、ゲーミング/エンスージアスト向けの性能重視モデルになる。

 サンディスクのテストでは、シーケンシャルリードが最大で550Mバイト/秒、シーケンシャルライトが最大で520Mバイト/秒(240Gバイトモデル)、または、515Mバイト/秒(480Gバイトモデルと960Gバイトモデル)を発揮するとしている。

 また、サンディスクが用意した「nCache Pro」技術の導入によって、長期間にわたって安定した性能を維持できることを訴求する。nCache Pro 技術は、2層構造のキャッシングアーキテクチャを採用しており、重いワークロードへの対応や、効果的なマルチタスク処理を可能にするとサンディスクでは説明している。

 さらに、Windows OSで動くSSDユーティリティ「SanDisk SSD Dashboard」をダウンロードしてPCに導入することで、ドライブ性能の監視やファームウェアアップデートの通知、即時完全データ消去が可能になる。

テスト項目 240Gバイト 480Gバイト 960Gバイト
PCMark Vantage 81000 81000 81000
シーケンシャルRead(最大) 550Mバイト/秒 550Mバイト/秒 550Mバイト/秒
シーケンシャルWrite(最大) 520Mバイト/秒 515Mバイト/秒 515Mバイト/秒
ランダムRead(最大) 100000 IOPS 100000 IOPS 100000 IOPS
ランダムWrite(最大) 90K IOPS 90K IOPS 90K IOPS
Write可能データ量 80Tバイト以上 80Tバイト以上 80Tバイト以上
動作時消費電力 0.13ワット 0.15ワット 0.15ワット

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.