レビュー
» 2014年08月26日 15時00分 UPDATE

動画で360度チェック:折り畳めるキーボードカバー付きWindowsタブを丸っとチェック――東芝「dynabook Tab S50/36M」

東芝のタブレット新シリーズとなる10.1型モデルが「dynabook Tab S50」シリーズだ。今回はBluetoothキーボードが付属した最上位モデルを動画で見ていこう。

[田中宏昌,ITmedia]

 東芝の最新Windowsタブレット「dynabook Tab S50/36M」は、1280×800ピクセル表示に対応した10.1型ディスプレイ搭載モデルだ。ストレージ容量は64Gバイト、CPUに4コア/4スレッド対応のAtom Z3735F(1.33GHz/最大1.83GHz)を備えている。OSは32ビット版のWindows 8.1 with Bingを採用し、実売価格は6万円台後半となっている。

 Bluetoothキーボードカバーを付属しているのが最大の特徴で、タブレットカバーとしてだけでなく、折りたたむことでスタンドとしても機能するのがユニークだ。

 その様子は下記の動画で確認してほしい。

「dynabook Tab S50」シリーズの関連記事

ht_dt01.jpg 10.1型のWindowsタブレット「dynabook Tab S50/36M」
ht_dt02.jpg 最上位モデルのS50/36Mのみ、Bluetoothキーボードカバーが付属する

東芝ダイレクト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.