レビュー
» 2014年08月29日 18時20分 UPDATE

動画で360度チェック:MacBook Pro RetinaのSSDを「JetDrive 725」で約1Tバイトにしちゃった

SSDの換装というとハードルが高いと思いがちだが、オールインワンセットのトランセンド「JetDrive 725」ならば、意外と簡単にできちゃうかも。

[田中宏昌,ITmedia]

 「JetDrive」シリーズは、トランセンドジャパンのSSDアップグレードキットだ。対応するMacBookシリーズやMac miniごとにさまざまなモデルが用意されており、手持ちのMacに応じて購入できる。今回は15型MacBook Pro Retina ディスプレイモデル(Mid 2012)を例に、内蔵SSDを256Gバイトから約4倍の960Gバイトに換装してみよう。

 「JetDrive 725」は、Serial ATA 6GbpsでMLCタイプのフラッシュメモリを採用したSSDのほか、換装作業に必要な精密ドライバーをはじめ、もともと内蔵していたSSDを再利用するための外付けアルミケース(USB 3.0接続)まで備えたオールインワンセットなのが特徴だ。つまり、Macのストレージが960Gバイトに増えるだけでなく、外付けSSDドライブとして256Gバイトが手に入るのがうれしいポイントだ。

 その手順は下記の動画を参照してほしい。

ht_tj01.jpg 「JetDrive 725」のパッケージ。今回は最大容量の960Gバイトを用意した。一度でもメモリを交換したことがある人ならば、10分もかからないで作業が終わるだろう
ht_tj02.jpg ドライバーや余ったSSDを再利用するためのアルミケース、USB 3.0のケーブルやアルミケースを収納するカバーも備えたパッケージが魅力
ht_tj03.jpg 底面のカバーを外せば、簡単にSSDへアクセスできる

関連キーワード

Mac | SSD | Transcend | アルミニウム | MacBook Pro


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-