ニュース
» 2014年09月03日 15時06分 UPDATE

アイ・オー、同社製外付けHDD/NAS用の交換用3.5インチHDD

アイ・オー・データ機器は、同社製となるRAID対応外付けHDD/NAS用交換HDD「HDUOP」「HDLOP」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は9月3日、同社製となるRAID対応外付けHDD/NAS用交換HDD「HDUOP」「HDLOP」シリーズを発表、9月下旬に出荷を開始する。

 HDUOPシリーズは、RAID対応外付けHDD「HDS2-UT」シリーズ用となる交換用3.5インチHDD。価格は1Tバイトモデルが1万5600円、2Tバイトモデルが2万6300円、3Tバイトモデルが3万1600円だ(税別、以下同様)。

 HDLOPシリーズは、RAID対応NAS「HDL2-A」「HDL2-AH」「HDL2-A/E」シリーズ用の交換用3.5インチHDD。価格はHDUOPシリーズと同じく1Tバイトモデルが1万5600円、2Tバイトモデルが2万6300円、3Tバイトモデルが3万1600円となっている。

関連キーワード

アイ・オー・データ機器 | HDD | 交換 | NAS | RAID


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.