ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「交換」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交換」に関する情報が集まったページです。

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
小型軽量レンズの時代がキター! 「CP+2024」でみえたデジカメ最新動向
「CP+2024」が開幕した。今回、注目したいのが「交換レンズ」。スペックに対して非常に小型軽量な新製品が相次いで登場したのだ。(2024/2/23)

キヤノン、レンズ交換式デジタルカメラで世界シェア1位をキープ 21年連続で
キヤノンは、レンズ交換式デジタルカメラの2023年世界シェア(台数ベース)においてトップを達成。2003年から21年連続で1位をキープすることとなった。(2024/2/21)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
2人のサラリーマンがランチを報告し合うだけ、だがそれがいい 同人誌『レイヤー会社員とカメラマンエンジニアのサラメシ交換日記』
素性がほぼ謎なのもまたいいですね。(2024/2/18)

ドコモ、ポイント交換でdポイント10%増量+抽選で10人に1人5%もらえるキャンペーン開催
NTTドコモは、3月に「ポイント交換でdポイント最大15%増量キャンペーン〜もれなく10%増量!さらに抽選で10人に1人+5%あたる〜」を開催。2月16日にエントリー受付を開始する。(2024/2/16)

スマホ充電でたまる「TONE Coin」、トーンモバイル月額費に充当可能に “リアル価値交換”を具現化
スマホ充電などでたまる「TONE Coin」がトーンモバイルの利用料金に充当可能になった。フリービットグループでトーンモバイルを運営しているドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が2月1に発表した。“リアル価値交換”を生かした、ユーザーメリットの高い取り組みや料金体系に重きを置く。(2024/2/2)

mineoが「ファン∞とく」で長期利用特典を復活 手数料無料や端末代金割引など
オプテージが1月30日、MVNOサービス「mineo」にて、利用者特典制度の「ファン∞とく」のリニューアルを発表。2月28日からは、契約年数に応じて特典を提供する。契約人数に応じて、1回線ごとに「mineoコイン」を自動付与し、コインはオプション料金割引や端末代金割引などと交換できる。(2024/1/30)

橋本志穂、“高級外車ブランド”のパーツ交換代に驚がく「たかっ」 さらなる出費の予感に恐怖「ガクガクブルブル」 
さすがの高級外車感。(2024/1/22)

法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」1月29日から順次発売 ドコモやソフトバンクほか
京セラは、1月29日から法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」を順次販売開始。落下や衝撃に強く電池交換が可能で、業務を効率化する多彩な機能を備える。NTTドコモ、ソフトバンク、SIMフリーモデル、Wi-Fiモデルを展開する。(2024/1/17)

KDDI、株主優待で2025年度からPontaポイントを進呈 1.5倍増量も
KDDIは、2025年度の株主優待制度の内容変更について発表。関連サービスの特典の中から選択する方式とし、Pontaポイントの場合は「お得なポイント交換所」を利用すると最大1.5倍に増量できる。(2024/1/16)

PayPay、2月に対象サービスのポイント交換で5%増量
PayPayは、2月1〜29日に「対象サービスからのポイント交換がおトク!PayPayポイント5%増量キャンペーン」を開催。対象サービスのポイントをPayPayポイントに交換すると、交換額の5%相当のPayPayポイントを後日を付与する。(2024/1/12)

PayPay、「Tポイント」から「PayPayポイント」への交換を2024年3月31日に終了
PayPayは、2024年3月31日に「Tポイント」から「PayPayポイント」へのポイント交換サービスを終了。18時までに交換申請した分までがPayPayポイントとして付与される。(2024/1/9)

クロちゃん、年下恋人にお年玉1万円用意するも…… ラッキーなハプニング遭遇で「まさかの2万円」「あーん、大好きー!!」バチバチウインク
お年玉交換をした2人。(2024/1/9)

Mobile Monthly Top10:
EU指令で「バッテリー交換」が義務化 メリットとデメリットってどう?【2023年を振り返る(8月編)】
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。8月はEUにおいてスマートフォンなどバッテリー内蔵デバイスにおいて「バッテリー交換可能な構造」を義務化されることが決まったことに関する考察記事がよく読まれました。(2023/12/27)

電動化:
低速な小型電動車向け交換式バッテリーで新会社、ヤマ発がドイツで
ヤマハ発動機は低速な小型電動車向けの交換式バッテリーを展開する新会社「ENYRING」をドイツで設立した。(2023/12/26)

Sansan「名刺納め祭」に終止符 デジタル化で変わる名刺交換の風景
Sansanは、12月13〜14日に神田明神(東京都千代田区)で「Sansan 名刺納め祭 THE FINAL」を開催した。今年が最後の開催になるというが、その理由は。(2023/12/19)

BIC SIMが「ギガぞうWi-Fi」利用でポイントを付与するキャンペーン ためると500MBのクーポンコードと交換可能(注意点あり)
ラネットが、2024年1月1日からBIC SIMユーザーを対象に「ギガぞうWi-Fi for BIC SIM」の対応Wi-Fiスポットに接続するごとにポイントを付与するキャンペーンを実施する。300ポイント以上ためると、BIC SIMで利用できる500MBのデータ容量クーポンに交換できる。(2023/12/18)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
理系オヤジたちの「クセつよ交換日記」を、のぞき見させてもらった楽しさ
毎回、「最初の読者」として楽しませてもらいました。(2023/12/18)

製造マネジメントニュース:
アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱うカナダのスタートアップに出資
旭化成は、アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱う、カナダのスタートアップ企業Ionomr Innovationsに出資参画することを発表した。ノウハウを提供するなど研究開発分野での連携を深め、膜の性能強化も支援する。(2023/12/18)

ペットカメラが捉えた“大切な爪とぎを交換されてるときの猫”に大反響!! 二度と撮れない表情に「かわいいww」「悲しみが深い」
大切だったんだね。(2023/12/15)

CES 2024:
Dellが「Concept Luna」の最新状況を報告 接着剤やネジをより削減した製品を発売へ 成果は2024年モデルに順次投入
「サステナブルなノートPC」を目指して、Dell Technologiesが推進する「Concept Luna」。その近況が報告された。2024年モデルでは、接着剤やネジの使用量をより削減する他、ディスプレイパネルを含めて、交換しやすい「モジュラー式コンポーネント」の採用を拡大するという。(2023/12/14)

自分でバッテリー交換できる薄型ノートPC、Dynabookから
Dynabookは13日、ユーザーの手で内蔵バッテリーを交換できる薄型ノートPC「dynabook X8/X6」を発表した。交換用のバッテリーも市販する。(2023/12/13)

自分でバッテリー交換できて深いキーボードを備えるモバイルPC「dynabook X CHANGER」登場 コンバーチブル2in1「dynabook V」にも新モデル
Dynabookが、ユーザーによるバッテリー交換可能な13.3型モバイルPCのコンシューマーモデルを投入した。バッテリーに劣化/障害が発生した場合に、修理対応で交換対応することが可能なことが特徴で、交換用バッテリーもオプション販売される。(2023/12/13)

退職者の名刺から「1億円の商談」に 創業130年の酒造メーカーの意識改革
すでに退職者した人が交換した名刺が、年間1億円の取引につながるきっかけとなった――創業130年を超える老舗酒造メーカー、梅乃宿酒造で何が起きたのか。(2023/12/11)

3Dプリンタニュース:
三浦工業と慶應義塾大学SFC研究所、3D積層造形を用いて高性能な熱交換器を開発
三浦工業と慶應義塾大学SFC研究所は、高性能な熱交換器を共同開発した。熱交換器の内部構造に3D積層造形によるジャイロイド構造を採用しており、より高い熱交換性能と機械的強度を得られる。(2023/12/5)

UQ mobileの4G LTEプランユーザー、SIMを交換せずに5Gなどが利用可能に
KDDIと沖縄セルラー電話は2024年4月以降順次、UQ mobileの4G LTE 料金プランのシステム切り替えを実施する。両社が12月4日に発表した。これに伴い、両社はシステム切り替えの対象となる料金プランと終了予定のプランも案内している。(2023/12/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
充電時間が短いのはいいこと……のはずなのに
今週はホンダが二輪車の電動化計画について発表しました。投資額が2030年までに5000億円に上ること、電動バイクの専用工場を新設することなど、かなり意欲的な計画が示されました。個人的に気になったのは、バッテリー交換式の電動バイクに関する見立てです。(2023/12/2)

d払い、dポイントのキャンペーンまとめ【12月2日最新版】 交換でポイント増量や最大25%還元も
12月となり、冬本番の寒気がやってきた。今月も更新されたキャンペーンや、お得にポイントをもらえる施策が多い。NTTドコモが実施するd払い、dポイントのキャンペーンをまとめた。(2023/12/2)

LGエレ、モバイルノート「LG gram」購入&レビュー投稿でバッテリー交換が1回無料になるキャンペーン
LGエレクトロニクス・ジャパンは、同社製モバイルノート「LG gram」を対象とした「LG gram 2023年モデル『この1台と、いつまでも。』キャンペーン」を実施する。(2023/11/30)

電動化:
バッテリー交換式は電動バイクの主流にならず、プラグ充電に注力
ホンダは二輪車の電動化に向けた事業方針を発表した。(2023/11/30)

楽天モバイルが「SIMカード」の交換/再発行に3300円の手数料を再設定 12月13日から(eSIMは引き続き無料)
楽天モバイルが、物理的なSIMカードに対する交換/再発行手数料を再設定することになった。12月13日以降の手続きが対象だが、eSIMの交換/再発行については引き続き無料とする。(2023/11/23)

auが「Xiaomi 13T」とチューナーレスの「Xiaomi TV A Pro」を採用したワケ ファンイベントで語られた2社の戦略
Xiaomi Japanは11月18日に「au x Xiaomi モノづくり研究所」 を開催。Xiaomi新製品の特徴を振り返るとともに、ユーザーとXiaomi Japanが意見交換を行った他、クイズも開催された。その模様をお伝えする。(2023/11/22)

Thunderbolt 4端子×3搭載:
バッテリー交換可能なモバイルノートPC「dynabook XZ CHANGER」を直販限定販売 19万6900円から
Dynabookが、ユーザーによるバッテリー交換に対応するモバイルノートPCを直販限定で個人向けに販売する。先に発表された大容量バッテリー構成をベースに開発されており、Thunderbolt 4端子を3つ備えていることが大きな特徴だ。(2023/11/21)

Mobile Weekly Top10:
スマホの「バッテリー交換」を簡単にする動きは“良しあし”両面あり
EU(ヨーロッパ連合)の指令に基づいて、ヨーロッパでは2027年までに「バッテリーを内蔵するデバイス」におけるバッテリー交換の容易化が義務化されました。このことは、一見すると良いことのように思えますがリスクも抱えています。(2023/11/18)

電動化:
EVトラックのバッテリー交換は横から? 下から? 異なるアプローチ
既に走行実証に移ったバッテリー交換式トラックではキャビンと荷室の間に駆動用バッテリーが縦に搭載されたが、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」ではこれと異なる方式がみられた。(2023/11/17)

ASUS、エヴァンゲリオンコラボ製品でスペルミス 無償交換プログラム提供へ
ASUSは、9月に発表した「ROG×エヴァンゲリオン」コラボレーション仕様のゲーミングPCパーツシリーズのデザインで、「スペルミスに関するインシデント報告」があったため、保証期間を延期し、交換プログラムも実施する。(2023/11/16)

LED:
「星空保護区」でアジア初認定 南六呂師の「日本一美しい星空」を支えるパナソニックの照明技術
福井県大野市の南六呂師エリアが2023年8月に、ダークスカイが定める「星空保護区」のアーバン・ナイトスカイプレイス部門で認定を受けた。取得に際して、光害に対する厳しい規定をクリアしなければならず、エリアの街路灯を全て交換したパナソニック エレクトリックワークス社は、空に光が広がらない屋外灯の技術で貢献した。(2023/11/13)

「スマホのバッテリー交換」を容易にする動きが進む それでもデメリットが消えない理由
EUにてスマートフォンのバッテリー交換規制が強化され、2027年にはバッテリーを容易に交換できる機種でないと、同地域では販売できなくなる見込みだ。これについてメーカー各社も既に手を打ち始めている。既にEUでは「修理のしやすさ」が市場でスマートフォンを選択する上での差別化要素になっている。(2023/11/12)

スバル「レヴォーグ」「フォレスター」10万台超リコール 排気ガス耐力不足などで
圧力センサーが排気ガスへの耐久性が不足しているなどとして、国土交通省はスバル「レヴォーグ」 「フォレスター」など10万台超がリコール対象になったと発表した。スバルは対象者に通知し、交換作業などを進める。(2023/11/13)

富士フイルムも値上げ、10日から ミラーレスカメラは「出荷価格で5〜15%」上昇
富士フイルムイメージングシステムズは9日、ミラーレスカメラと交換レンズの価格改定を発表した。10日から適用する。(2023/11/9)

ダイヤテック、民芸品などのイラストをあしらった「お土産キーキャップセット」 毎年恒例のカレンダーキーキャップも
ダイヤテックは、交換用キーキャップ2製品「FILCO Calendar Keycap Set 2024」「お土産キーキャップセット」を発表した。(2023/11/8)

焼き方が2つある〜! 『ちいかわ』のホットサンド&ミニケーキが焼ける「こんがりきゃらマルチサンドメーカー」登場
2種類の交換プレートがある……ってコト!?(2023/11/8)

法人向けスマホレンタル「トリスマレンタル」提供 機能診断で故障前の交換も可能
ニューズドテックは、健康診断アプリ「トリスマ」で異常やバッテリー劣化が確認できた際に故障前でも交換するモバイルレンタル「トリスマレンタル」を提供開始。まずは法人向けにスタートし、将来的には個人向けにも展開予定。(2023/11/8)

リファのドライヤー、「爆発」ではなかった? メーカーの見解は
人気ファッションブランド「ReFa」のドライヤーの一部に不具合があるとして、MTGは無償交換を始めた。(2023/11/7)

実は冬場に急増するスマホの「バッテリー交換」トラブル カイロやストーブにも注意
11月に入り、寒暖差の大きい日が増える中、意外にもこれからの寒い時期にかけて増えていくのが、スマートフォンのバッテリーを巡るトラブルだ。トラブルが増える要因として、温度が下がるとバッテリーの性能が低下するため、減りの早さが顕著に現れるという。電子機器の修理などを行う会社には「フル充電してもあっという間になくなってしまう」「バッテリーが発熱する」といったトラブルによるバッテリーの交換件数が11月から徐々に増え始め、12〜1月にはピークを迎えるといい、注意を呼びかけている。(2023/11/6)

高級ドライヤー「リファ」に「爆発した」報告相次ぐ メーカーは無償交換を発表
MTGは製造初期の一部製品で使用中に内部のファンが破損することがあると確認したとしています。(2023/11/2)

ドコモ、対象企業のdポイント交換を5.5%増量キャンペーン 2024年1月5日まで
NTTドコモは、2024年1月5日まで「dポイント増量GoGo!キャンペーン ポイント交換で5.5%アップ」を開催。対象のポイント交換企業が提供するポイントをdポイントへ交換すると、通常より5.5%増量される。(2023/10/30)

Dynabook、ビジネスモバイルノート「dynabook X83 CHANGER」用交換バッテリーを迅速に提供する法人向けサービスを開始
Dynabookは、ビジネスモバイルノートPC「dynabook X83 CHANGER」の法人ユーザーを対象としたバッテリー提供サービスを発表した。(2023/10/30)

知らないと損!?業界最前線:
電気シェーバー「5年保証」を実現できた理由 シェア4位の老舗メーカーは何をしたのか?
マクセルイズミが10月25日に発売した電気シェーバー「everedge IZUMI PREMIUM」シリーズは、替え刃の交換が5年間不要の「5年保証」を実現した製品だ。高い耐久性やそのほかの製品特徴、実際に使ってみた感想を紹介しよう。(2023/10/28)

ライカが世界初のフェイク対策機能を備えた「M11-P」を発売 直販価格は147.4万円
ライカ(Leica)が、C2PA規格に準拠する「来歴データ」の記録に対応するレンズ交換式カメラ「Leica M11-P」を発売した。商用モデルとしては初めての来歴記録対応モデルで、不正なコピーやねつ造への対策につなげる。(2023/10/27)

ジャパンモビリティショー2023:
三菱ふそうの小型EVトラック「eCanter」はバッテリー交換や無線充電も可能に?
三菱ふそうトラック・バスは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー、旧東京モーターショー)」でプレスカンファレンスを開催した。(2023/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。