ニュース
» 2014年09月09日 13時43分 UPDATE

デル、Xeon E5-2600採用のハイスペックサーバ「PowerEdge R730xd」など4モデル

デルは、同社製サーバ「PowerEdge」シリーズの新モデルを発表。プロセッサとして最新のXeon Processor E5-2600 v3シリーズを搭載している。

[ITmedia]

 デルは9月9日、同社製サーバ「PowerEdge」シリーズの新モデルを発表、本日より販売を開始する。

photophoto
photophoto Dell PowerEdge R630(左上)、Dell PowerEdge R730(右上)、Dell PowerEdge R730xd(左下)、Dell PowerEdge T630(右下)

 いずれもプロセッサとして最新のXeon Processor E5-2600 v3シリーズを搭載するサーバ。製品ラインアップは、5ベイ搭載の1Uラックマウント型モデルの「Dell PowerEdge R630」、16ベイ搭載の2Uラックマウント型モデル「Dell PowerEdge R730」、ストレージ構成を柔軟にカスタマイズできるSDS用途向きの2Uラックマウント型モデル「Dell PowerEdge R730xd」、および32ベイ搭載のタワー型モデル「Dell PowerEdge T630」の計4製品を用意。いずれもメモリスロットは24本を装備しており、DDR4メモリを最大1536Gバイト(R630は最大768Gバイト)まで装着可能となっている。

 価格はDell PowerEdge R630が38万9000円から、Dell PowerEdge R730が41万5000円から、Dell PowerEdge R730xdが44万1000円から、Dell PowerEdge T630が27万6000円から(いずれも税別)。

デル株式会社
デル株式会社

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.