ニュース
» 2014年10月09日 12時57分 UPDATE

日本HP、ハイスペックWS「HP Z Workstation」にミドルタワー型モデルなど5製品を追加

日本ヒューレット・パッカードは、同社製WS「HP Z Workstation」シリーズのラインアップを拡充、新たにデスクトップモデル3製品/モバイルWSモデル2製品を追加した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは10月9日、同社製WS「HP Z Workstation」シリーズのラインアップを拡充、デスクトップ型モデル/モバイルWSモデルの計5製品を追加した。

photophotophoto HP Z440 Workstation(左)、HP Z640 Workstation(中)、HP Z840 Workstation(右)

 デスクトップモデルとしては、Xeon E5-1600v3シリーズの搭載に対応したエントリーモデルの「HP Z440 Workstation」、Xeon E5-2600v3シリーズの搭載に対応したミドルレンジモデルの「HP Z640 Workstation」、Xeon E5-2600v3シリーズの搭載に対応したフラッグシップモデルの「HP Z840 Workstation」の3製品をラインアップ。いずれもThunderbolt 2インタフェースカードやPCIe接続型SSDなどを標準で装備するほか、遠隔操作アプリ「HP Remote Graphics Software」なども標準で搭載している。発売時期は3製品とも10月下旬の予定。同社直販「HP Directplus」販売価格はそれぞれ13万8500円から/26万6500円から/23万1500円から(税別、以下同様)。

photophoto ZBook15 G2 Mobile Workstation(左)、ZBook17 G2 Mobile Workstation(右)

 モバイルWSモデルとしては、15.6型フルHD液晶/Core i7搭載の「ZBook15 G2 Mobile Workstation」、17.3型フルHD液晶/Core i7搭載の「ZBook17 G2 Mobile Workstation」の2製品を用意した。発売時期は11月上旬。直販価格はそれぞれ21万6000円から/34万円から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.