ニュース
» 2014年12月05日 12時06分 UPDATE

サードウェーブデジノス、クリエイター向けPC「Raytrek」に“Thunderbolt 2”インタフェース搭載モデル2製品

サードウェーブデジノスは、同社製クリエイター向けデスクトップPC「Raytrek」シリーズの新モデル2製品を発表。ともにThunderbolt 2インタフェースを標準で装備したモデルだ。

[ITmedia]

 サードウェーブデジノスは12月5日、同社製クリエイター向けデスクトップPC「Raytrek」シリーズの新モデル2製品を発表、本日より販売を開始した。

photophoto Raytrek-V JH-TB(左)、Raytrek-V XT-TB(右)

 ラインアップは、Core i7-4790S(3.2GHz/最大4GHz)を搭載したコンパクトタワー型モデルの「Raytrek-V JH-TB」、Core i7-4790(3.6GHz/最大4GHz)/GeForce GTX 760を搭載したミドルタワー型モデルの「Raytrek-V XT-TB」の2製品を用意した。ともに高速インタフェースのThunderbolt 2接続に標準で対応。また、Blackmagic Design製「Intensity Extreme」も動作確認済みとなっている。

 BTOカスタマイズにも対応、OSはWindows 8.1を導入している(Windows 7 Professionalモデルも用意)。標準構成価格はRaytrek-V JH-TBが11万2980円、Raytrek-V XT-TBが15万4980円だ(税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.