ニュース
» 2014年12月16日 11時39分 UPDATE

ペガシス、H.265/HEVC“8K出力”にも対応したエンコードソフト「TMPGEnc Video Mastering Works 6」

ペガシスは、同社製エンコードソフト「TMPGEnc Video Mastering Works」シリーズの最新版を発表。64ビットネイティブ動作に対応、最新のH.265/HEVC出力をサポートする。

[ITmedia]

 ペガシスはこのほど、同社製エンコードソフト「TMPGEnc Video Mastering Works」シリーズの最新版「TMPGEnc Video Mastering Works 6」を発表、12月19日よりダウンロード版販売を開始する。ダウンロード版価格は1万2200円だ(税別、パッケージ版は2015年2月の予定/価格はオープン)。

 今回のバージョンでは64ビットOS専用のネイティブアプリケーションとなっているほか、次世代映像フォーマットとなるH.265/HEVC形式の入出力やXAVC S出力、10ビット4:4:4 H.264 / AVC 出力をサポート。またNVIDIA製GPUで利用できる高速ハードウェアエンコーダー「NVENC」も利用可能だ。映像編集画面もリニューアルされ、クリップ編集画面などは8Kサイズの編集に対応している。

 対応OSはWindows 7(SP1)/8/8.1 64ビット版だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.