ニュース
» 2015年01月13日 15時34分 UPDATE

リコー、OCR機能も追加した「インタラクティブ ホワイトボード」新モデルを発売

リコーは、オフィスや会議などでの利用に向く「インタラクティブ ホワイトボード」の新モデルを発表。従来モデルから機能を追加し利便性を高めている。

[ITmedia]

 リコーは1月13日、オフィスや会議などでの利用に向く「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510」を発表、1月26日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は82万8000円の見込みだ。

photophoto リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510

 PC/タブレット端末の資料表示や、電子ペンでの手書きを行える“インタラクティブ ホワイトボード”の新モデル。今回の製品では手書き文字のOCR機能(14言語に対応)やスタンプ機能などを追加し利便性を高めたほか、HDMI出力/スピーカー出力なども追加された。

 また、ネットワーク経由での遠隔画面共有機能も強化され、最大20拠点までの画面共有を行うことが可能となっている(利用には、オプションの「リコー インタラクティブ ホワイトボード リモートライセンス タイプ1」が必要)。また、従来モデル同様のPDF生成機能やUSBメモリ/共有フォルダ/クラウド保存機能なども利用可能だ。

 本体サイズは1360(幅)×125(奥行き)×830(高さ)ミリ、重量は45キロ。

関連キーワード

リコー | ホワイトボード | 手書き | OCR | ペン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.