ニュース
» 2015年01月23日 21時44分 UPDATE

次期デスクトップ向けOfficeの名称は「Office 2016」

リリースは2015年後半。名称は直球です。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月22日(現地時間)、次期デスクトップ向けOfficeの名称が「Office 2016」になることをOffice Blogsで明らかにした。前日のプレス向けイベントで詳細が伝えられた「Windows 10」と同時期の2015年後半にリリースされる。

 Office 2016の詳細は向こう数カ月内に発表される見込みだが、従来同様、マウスとキーボードで操作するPCに最適化されたUIになるようだ。

 一方、Windows 10を搭載するスマートフォンや小型タブレット向けには、タッチ操作に最適化された“ユニバーサルアプリ”版の「Office for Windows 10」を提供する。こちらはWindows 10搭載端末に無料でプリインストールされ、Windows Storeでダウンロードできるようになる。なお、Office for Windows 10は数週間以内にWindows 10 Technical Previewで利用できるようになる予定だ。

og_office_001.jpgog_office_002.jpg 画面はユニバーサルアプリ版のWord for Windows 10(画面=左)とExcel for Windows 10(画面=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう