ニュース
» 2015年01月28日 11時31分 UPDATE

Appleが最新アップデート「OS X Yosemite 10.10.2」を公開

AppleがOS Xの最新アップデート「Yosemite 10.10.2」をリリースした。脆弱(ぜいじゃく)性の修正や機能追加が行われている。

[田中宏昌,ITmedia]

 Appleは1月27日、Mac用「OS X Yosemite」の最新アップデートを公開した。ソフトウェア・アップデートよりダウンロード可能だ。主な修正ポイントは下記の通り。

  • Wi-Fiが接続解除される問題が解決
  • Web ページの読み込みが遅くなる問題が解決
  • “メール"の環境設定でリモートコンテンツの読み込みを無効にした場合、Spotlight ではメールのリモートコンテンツが読み込まれてしまう問題が修正
  • Bluetoothヘッドフォンを使用しているときのオーディオとビデオの同期が改善
  • Time MachineでiCloud Driveをブラウズする機能が追加
  • VoiceOver読み上げのパフォーマンスが向上
  • Web ページでテキストを入力するときに VoiceOver が文字をエコーする問題が解決
  • 入力プログラムの言語が突然切り替わる問題が解決
  • Safariの安定性とセキュリティが向上

ht_ap0.jpg ソフトウェア・アップデートの画面
ht_ap01.jpg アップデート後の画面

関連キーワード

Apple | iPhone | ソフトウェア | Mac | OS X Mavericks


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-