ニュース
» 2015年02月19日 11時26分 UPDATE

デル、IGZO 4Kタッチパネル液晶などを備えたモバイルWS「Precision M3800」新モデルを発表

デルは、15.6型モバイルWS「Dell Precision M3800」の新モデルを発表。Thunderbolt 2.0インタフェースを標準で備えるほか、4K液晶ディスプレイも選択可能となっている。

[ITmedia]

 デルは2月19日、15.6型モバイルWS「Dell Precision M3800」の新モデルを発表、2月27日に販売を開始する。BTOカスタマイズにも対応、最小構成価格は22万9980円から(税別、送料込み)。

photophoto Dell Precision M3800

 15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵した薄型デザインのモバイルワークステーションで、CPUとしてCore i7-4712HQを、グラフィックスコアはQuadro K1100Mを搭載。ディスプレイ解像度は1920×1080ピクセル、または3840×2160ピクセル対応のIGZO液晶を選択可能だ。

 最小構成時のスペックは、メモリがDDR3 8Gバイト、ストレージが500GバイトHDDを搭載。ほかIEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、HD対応Webカメラなども備えた。OSはWindows 8.1 ProまたはWindows 7 Professional 64ビット版を選べる。

デル株式会社

デル株式会社

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.