ニュース
» 2015年03月02日 10時52分 UPDATE

ゴールはクリーンで安心なPC:Lenovo、「業界でアドウェアやブロートウェアと呼ばれるものを排除」することを宣言

“SuperFish”対策において、McAfee LiveSafe サービスの提供を明らかにしたほか、Windows 10導入モデルでプリインストールアプリを大幅に減らすことを約束した。

[ITmedia]

ユーザーのエクスペリエンス、セキュリティー、プライバシーこそ最優先課題

 Lenovoは、Superfishをプリインストールしていた同社製品のユーザーに対して、McAfee LiveSafe サービスの6カ月間無料サブスクリプションを提供することを明らかにした。実施開始時期などの具体的な内容については、3月6日(現地時間)までに発表するとしている。なお、すでにサブスクリプション契約をしているユーザーも、無料で6カ月間延長できるようになる。

 この対応策は、Lenovoが2月27日(現地時間)に公開した「レノボのよりクリーンかつ安心なPCへのお約束」という声明で発表している。この声明では、Lenovoの製品において今後は、プリインストールするアプリケーションの数を「大きく減らす」(声明の記述より)ことを約束した。

 その具体的な内容として、Windows 10導入モデルが登場するまでにOSとその関連ソフトウェア、ハードウェアの操作に必要なソフトウェア、セキュリティソフトウェア、レノボの純正アプリケーションだけにするとしている。Lenovoは、これらの対策によって「業界でアドウェアやブロートウェアと呼ばれるものを排除」(声明の記述より)すると述べている。

 加えて、同社製品にプリインストールするすべてのソフトウェアについて情報を公開し、各アプリケーションが何をするものか明確に説明する予定であることも明らかにしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.