ニュース
» 2015年04月14日 22時30分 UPDATE

今年は何が飛び出すか:Apple、「WWDC 2015」を6月8日に開催

「Apple Watch」と「新しいMacBook」が盛り上がる中、2015年の「WWDC(世界開発者会議)」が6月8日に開催されると発表された。

[ITmedia]

 米Appleは4月14日(現地時間)、2015年で26回目となる世界開発者会議(Worldwide Developers Conference、以下WWDC)を6月8日から6月12日にかけて、米サンフランシスコのMoscone Westで開催すると発表した。

tm_1504_wwdc2015_01.jpg WWDC 2015のWebサイト

 開発者は本日から日本時間の4月18日2時まで、WWDC 2015のWebサイトを通じてチケットを申し込める。参加費用は1599米ドル。抽選で選ばれた参加者にはチケットが発行され、開発者は日本時間の4月21日21時までに申し込み状況を知ることができる。また、最大350の「WWDC Scholarship」が用意されており、学生や世界各国STEM参加組織のメンバーを対象に、無料のチケットを入手できる機会もある。

tm_1504_wwdc2015_02.jpg チケットの申し込み受付も開始。参加費用は1599米ドル。参加者は抽選だ

 WWDC 2015では以下のアクティビティが用意される。

  • 最新のiOSおよびOS Xテクノロジーの開発と運用、統合のための幅広いテーマについてAppleのエンジニアたちが紹介する100以上のテクニカルセッション
  • コードレベルでのサポート、最適な開発テクニックのアドバイス、アプリケーションにiOSおよびOS Xのテクノロジーを最大限活用する方法紹介、1000人以上のAppleエンジニアによる100以上のハンズオンラボおよびイベント
  • iOSとOS Xの最新イノベーションと機能、そしてアプリケーションの機能性、性能、品質およびデザインを向上させるため方法紹介
  • 世界中から訪れる何千人ものiOSおよびOS Xデベロッパたちとの交流機会(昨年は60カ国以上からの参加)
  • 特定のトピックにフォーカスし、特別なゲストスピーカーやアクティビティを用意した、参加者同士の集い
  • テクノロジー、サイエンス、エンターテイメントの各分野のリーダーや影響力ある人たちを招いて行われるランチタイムセッション
  • 技術的に優れ革新的なデザインを持つ、iPhone、iPad、Apple WatchおよびMacのアプリケーションを表彰するApple Design Awards

 WWDC 2015の一部セッションは開催期間中を通じて、WWDCのWebサイトやWWDCアプリを通じてライブストリーミングが行われる。

 米Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントでるフィリップ・シラーは、「App Storeは、本当に素晴らしいアプリケーションのエコシステムを作り出しました。お客様の生活を永久に変えるとともに、世界中で何百万人もの仕事を生み出しています。WWDCでは、世界中でデベロッパと共有するための、iOSとOS X用の驚くべき新しいテクノロジーを用意しており、彼らが作る次世代のアプリケーションを見るのが待ちきれません」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう