ニュース
» 2015年05月19日 13時37分 UPDATE

キヤノン、電子ペンで書き込みもできるインタラクティブ機能搭載の短焦点プロジェクター

キヤノンは、短焦点投写に対応したビジネスプロジェクター「LV-WX300UST」「LV-WX300USTi」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo LV-WX300UST/LV-WX300USTi

 キヤノンは5月19日、短焦点投写に対応したビジネスプロジェクター「LV-WX300UST」「LV-WX300USTi」の2製品を発表、それぞれ5月25日/6月上旬に販売を開始する。価格はともにオープン。

 2製品はいずれも反射ミラーによる短焦点投写を実現したプロジェクターで、28センチの距離から80型の投写が可能で、スクリーンの背面から投写を行う“リア投写”にも対応した。画素数は1280×800ピクセルで、表示スペックは明るさ3000ルーメン、コントラスト比2400:1。映像入力はHDMI×2、アナログD-Sub×2、Sビデオ/コンポジットビデオ入力などを備えている。

 またLV-WX300USTiは、付属の電子ペン/ソフトウェアを用いることで、投写画面上でのペン操作や書き込みなどが可能なインタラクティブ機能を搭載。別途電子ペンを追加購入することで最大4人までの同時書き込み操作もサポートするほか、専用オプションの「フィンガータッチモジュール」によりタッチ操作を行うこともできる。書き込んだ内容は画像/動画形式で保存することが可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.