ニュース
» 2015年05月28日 11時00分 UPDATE

Surface 3と同じ“Cherry Trail”Atom搭載:Lenovo、“最初からWindows 10”の10.1型タブレット「ThinkPad 10」発表

出荷予定は2015年夏の見込み。オプションで4G LTEモジュールも実装可能だ。

[ITmedia]

10.1型タブレットで9.1ミリの薄型ボディ

 Lenovoは、5月28日(現地時間)に10.1型ディスプレイ搭載タブレット「ThinkPad 10」の新モデルを発表した。OSにWindows 10を導入する。出荷開始は2015年夏の予定で、価格は、549ドルから。なお、日本市場への出荷については明らかにしていない。

kn_newtp10_01.jpg Windows 10を導入して“Cherry Trail”世代のAtomを搭載するThinkPad 10

 ThinkPad 10は、システム構成では、CPUに“Cherry Trail”世代のクアッドコアタイプ「Atom Z8500」、または、「Atom Z8700」を採用し、従来モデルのThinkPad 10と比べて25%の性能向上を実現したという。システムメモリはLPDDR3-1600を2Gバイト、または、4Gバイトを載せ、データストレージは容量64Gバイト、または、128GバイトのeMMCを内蔵する。

 本体サイズは256.5(幅)×177(奥行き)×9.1(高さ)ミリで、重さは617グラム。この状態で52ワットアワーのバッテリーを内蔵して駆動時間は10時間以上となる見込みだ。ディスプレイサイズは10.1型で解像度は1900×1200ピクセル。10点同時に対応したタッチパネルを内蔵し、ディスプレイ表面は第3世代Gorilla Glassで保護している。

 本体搭載インタフェースには、Micro HDMI(1.4準拠)とUSB 3.0を備えるほか、無線接続でIEEE802.11ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0が利用できる。4G LTEもオプションで対応可能だ。また、有効1200万画素のリアカメラと有効500万画素のインカメラ、出力1ワットのステレオスピーカーも用意する。

 ThinkPad 10の新モデルでも、専用のFolioキーボードやクラムシェルのように利用できるUltrabookキーボードを用意した。ほかにもカメラレンズの部分を折りたたむとカメラアプリが起動するQuick Shot Coverやインタフェースを拡張するTablet Dockに耐衝撃保護カバーのThinkPad Protector Case、ThinkPad そして、ThinkPad Pen Proなどをオプションとして用意する。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.