ニュース
» 2015年06月08日 15時23分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2015:動画で体感! Cherry Trail搭載「ASUS Pen Stick」をASUSブースで直撃

プロダクトマネージャーがITmedia読者に導入OSと出荷時期予定とスペックについてレクチャーしてくれた。

[長浜和也,ITmedia]

Cherry Trailと2基のType-A USB 2.0に注目

 ASUSTekは、COMPUTEX TAIPEI 2015の展示ブースで、HDMI映像出力を持ったスティック型PC「ASUS Pen Stick」を公開した。CPUに開発コード名“Cherry Trail”世代で14ナノメートルプロセスルールを導入したAtomを搭載する予定だ。また、OSでは、Windows 10 with Bingの導入に対応するという。

kn_asusstick_01.jpg ASUSTek初のスティック型PC「ASUS Pen Stick」はホワイトとブラックのカラーバリエーションを用意する

 プロダクトマネージャーによると、現時点では2015年の末には出荷したいとしている。なお、価格はまだ決定していないと述べているが、別のスタッフによると150ドル程度を目指しているという。システム構成も確定していないが、COMPUTEX TAIPEI 2015手院時時点における計画では、システムメモリは2Gバイトを用意しデータストレージは32Gバイトを確保する。

 本体サイズは、121.9(幅)×33(奥行き)×15.2(高さ)ミリで重さは非公開。このサイズで“通常サイズ”(Type-A)のUSB 2.0を2基を本体に搭載する。このほかのインタフェースとしては、ヘッドセット端子にmicroSDスロットと充電用のmicro USBを備える。また、無線接続ではIEEEb/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用できる。

kn_asusstick_02.jpg 通常サイズ(Type-A)のUSB 2.0を2基搭載する。本体後端にあるのは電源ボタンだ

 なお、ASUSTekのASUS Pen Stick担当プロダクトマネージャーがITmedia読者のために「1分間で分かる! ASUS Pen Stick」をレクチャーしてくれた。COMPUTEX TAIPEI 2015の雰囲気と一緒にASUSTekブースにあったASUS Pen Stickの展示を体感してほしい。

関連キーワード

ASUS | COMPUTEX | Cherry Trail | スティックPC | Windows 10 | Bing


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.