ニュース
» 2015年06月22日 16時22分 UPDATE

パソコン工房、上位APUを採用したコスパ重視のスリムデスクトップ

ユニットコムは、AMD製最新APUを採用したスリム筐体採用デスクトップPC計2製品の販売を開始した。

[ITmedia]
photo SL5シリーズ

 ユニットコムは、同社製スリムデスクトップPC「SL5」シリーズのラインアップにAMD A10シリーズ搭載モデル2製品「SL5040-A10-DZB」「SL5040-A10K-DZB」を追加、パソコン工房にて販売を開始した。価格はWindows 8.1モデルがそれぞれ5万7980円から/6万980円から(税別、Windows 7モデルはそれぞれ6万1980円から/6万4980円から)。

 2製品はともに本体幅約100ミリのスリムデザイン筐体を採用する省スペース型デスクトップPCで、プロセッサとしてそれぞれAMD A10-8750/同-7870Kを搭載したモデルだ。

 グラフィックス機能はAPU内蔵のRadeon R7 Graphicsを利用可能。ともにメモリは4Gバイト、ストレージは500GバイトHDDを、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを標準で内蔵している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.