ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パソコン工房」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パソコン工房」に関する情報が集まったページです。

古田雄介のアキバPick UP!:
X570初のmicroATXマザーが登場! Ryzen 7 3700X以上はやはり枯渇
X570チップセット搭載で初のmicroATXマザーボードがASRockから登場した。第3世代Ryzenを自作するバリエーションは順調に広がっているが、CPUとDDR4メモリの在庫は厳しめだ。(2019/7/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
DDR4メモリ、じわじわ広がる値上がりや購入制限の動き
一部で懸念されていたDDR4メモリの品薄傾向が高まり、購入制限を設けるショップも見られるようになった。また、DDR4-3200前後で値上がりしたショップも既にいくつかある。(2019/7/20)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 3000時代に台頭するAORUSブランド
AMDのRyzen 3000シリーズの好調が続き、アキバではパーツの一式買いが活発化している。その中でギガバイトのAORUSブランドの存在感が増しているという。先週はRyzen 7 3800XやGeForce RTX SUPERシリーズもデビューした。(2019/7/16)

古田雄介の週末アキバ速報:
DDR4-3600以上が品薄傾向、今買うか待つか AMDユーザーの新たな悩み
DDR4-3600以上の高クロックメモリが品薄傾向になっている。少なめの在庫に対して、急いで入手するか、それとも待つか。ショップやメモリメーカーや国の動きを見て悩むユーザーも多いとか。(2019/7/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
第3世代Ryzen販売スタート! 遅れた3800Xは12日頃登場か
7月7日に販売スタートとなったRyzen Desktop 3000シリーズやAMD X570チップセット搭載マザーボード、Radeon RX 5700シリーズ採用グラフィックスカード。いずれも好調だが、人気が過熱したモデルはすでに取り合いの空気になっている。(2019/7/9)

Ryzen 3000シリーズ搭載PCが各社から一斉に発売
AMD製最新CPUのRyzen 3000シリーズを搭載したBTOデスクトップPCが各社から発表されている。(2019/7/8)

週末アキバ速報(号外):
第3世代Ryzenらの七夕販売、雨天に負けず700人が集う
7月7日午後7時、AMDの新世代CPU「Ryzen Desktop 3000」シリーズや対応するX570マザーボード、「Radeon RX 5700」シリーズ搭載グラフィックスカードが売り出された。反響はほとんどのショップが「予想外」と驚くほどだった。(2019/7/8)

週末アキバ速報:
Ryzen 3000にX570マザー、Radeon RX 570は7月7日午後7時に一斉発売 上手な買い方は?
AMDの新世代CPUとチップセット搭載マザーボード、グラフィックスカードの発売動向がより具体的に見えてきた。その発売を記念して、普段以上にお値打ちとなるSSDを用意するショップも。(2019/7/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「グラボを置くだけ」の台が異例のヒット! マザーボード用やマウス用も登場
先週はグラフィックスカードを展示するための台「NB-VGA-DP01」が複数のショップで売り切れになるほどヒット! そして、第3世代Ryzenの発売解禁日が店頭に貼り出されるようになった。(2019/7/1)

週末アキバ速報:
SSDの主流が500GBから1TBに向かう気配
SSDの全体的な値下がりが続く中で、売れ筋が大容量化しているという話を複数のショップで耳にした。何しろ、複数の1TB SSDが1.5万円で買える状況だ。(2019/6/29)

夏のボーナスセールをBTOメーカー各社が実施中
BTO PCを販売する各メーカーが夏のボーナスセールの告知を行っている。(2019/6/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core iシリーズの入荷が続くも「潤沢にあらず」 迫るAMDの影?
アキバで長らく“枯渇”状態が続いているCore iシリーズだが、先週は複数のショップで多くのCPUが入荷した。しかし、安堵(あんど)の声は聞かない。また、Windows 7がインストールできるSoCオンボードのマザーボードも注目を集めている。(2019/6/24)

週末アキバ速報:
500GB級SSDの特価が続々! 5000円を切るモデルも
今週末のアキバは、複数のショップで480〜512GB SSDの特価が目立っている。台数限定で税込み5000円を切るモデルもあるが、「全体的に値下がりしている」とのコメントも。(2019/6/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバのベテラン店員をうならせる“空中マウス”が登場
指先と指の腹で別個に入力し、ボディーの傾きを使っても操作できる「Swiftpoint Z」の店頭販売が始まった。同時に、つまんで空中操作も可能な超小型マウス「ProPoint」も登場し、アキバのベテラン店員諸氏をうならせている。(2019/6/17)

週末アキバ速報:
Core i9-9900KとROG STRIXのセットがお得! 税込み7万5599円
DeskMini A300などのRyzen系セット特価が目立つ中で、Intel系セットの特価も光るものが見つかる週末。Lexarの512GB microSDXCカードが7980円となるなど、フラッシュ系も相変わらず狙い目だ。(2019/6/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
増え続けるCore iシリーズと第3世代待ちでも好調なRyzen
慢性的な供給不足に悩むIntel陣営も、先週は「Core i7-9700F」を投入するなど選択肢を増やして活路を探っている。一方のAMDは、第3世代Ryzenを控えながらもマザーボードのセット割などで好調な様子だ。(2019/6/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
AMDがIntelに完勝する?――アキバを覆う非日常の風
5月末に発表された第3世代Ryzenの評判は時を待たずに自作PC街を駆け巡り、現行世代の売れ行きにも影響を与えている様子だ。主流の座をIntelから奪うのでは、という声も少なからず聞こえる。(2019/6/4)

週末アキバ速報:
400GB microSDXCカードが7000円切り! グラフィックスカードもピンポイントで値下がり中
SanDiskの400GB microSDXCカード「SDSQUAR-400G」が税込み6880円となるなど、相変わらずフラッシュ系メモリがお買い得だ。(2019/6/1)

パソコン工房、「micro:bit」付属の15.6型スタンダードノート 100台限定で税別6万9800円
ユニットコムは、同社製15.6型ノートPCに教育用マイコンボード「micro:bit」を付属したセットパッケージを発売した。(2019/5/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
5.1GHzで動く選別品Core i9-9900Kと水冷マザーの20万円セットが話題に
選別品のCore i9-9900Kをセットにしたギガバイトのマザーキット「Z390 AORUS XTREME WATERFORCE 5G」が各ショップで話題を呼んでいる。また、人気PCケース「Sonata Proto復刻版」なども登場している。(2019/5/28)

週末アキバ速報:
マザーのネジ穴を利用した格安VGAホルダーが人気!
マザーのネジにかませて固定するタイプのVGAホルダー「GB-001」が、648円という安さもあってヒット中だ。週末特価はCrucialの2.5インチSSD「CT500MX500SSD1/JP」が複数店で7000円を切って注目されている。(2019/5/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i3-9100Fが登場も「渇きは潤せない」の評
品薄が続くCore iシリーズだが、先週は「Core i3-9100F」が登場し、新ステッピングの「Core i7-9700K」も出回るようになった。が、まだ乾きは潤すことができない……。(2019/5/21)

週末アキバ速報:
オリオで“令和初”のアウトレットセール! Intel SSD 750 400GBが9720円
オリオスペックが5月18日限定のアウトセットセールを開催する。Intelの「SSD 600p 512GB」や「SSD 750 400GB」、NUC用マザーボードやNVIDIA Quadro M4000、マイニング系パーツなど多彩なアイテムが激安で並ぶ。(2019/5/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
10連休中にRyzen躍進! ショップによってはシェアがIntelを超える
PCパーツの一式買いが多かった連休中、全体的に品薄なCore iシリーズを尻目に各ショップでRyzenの売れ行きが目立っていたという。中にはシェアが逆転したという声も。(2019/5/14)

週末アキバ速報:
10連休後もさらに安く! 1GBあたり10円切りが目前に迫るSSD
例年以上の売れ行きだったという大型連休を終えた週末。GeForce RTX 2060搭載カードを税込み4万円前後で売る光景が見られるなど、今週も目が離せない。1TB級のSSDも1万1000円切りまで来ている。(2019/5/11)

さまざまな特典付き:
AMD創業50周年を記念したゲーミングPCが各社から発売
1969年5月1日に創業したAMD(Advanced Micro Devices)の創立50周年を受けて、各PCショップから特別モデルが登場している。(2019/5/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
DDR4メモリにSSD、マザー系ブランドの“囲い込み”に賛否両論
ROGにTUF、AORUSにPHANTOM――最近はマザーボードベンダー系のブランド展開がジャンルを越えて目立つようになっている。また、AMDは創立50周年を記念したモデルを投入。注目の動きを見ていこう。(2019/4/29)

週末アキバ速報:
Core iシリーズのバルク品を売る店と売らない店 苦悩が続くアキバの今
Intelのコンシューマー向けCPU「Core i」シリーズは長らく品薄傾向が続いている。バルク品を扱うショップもあり、逆にBTO向けのCPUが足りないと嘆く声もあり、それでもどうにかやりくりしている様子だ。(2019/4/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
今時のゲーミングPC、予算感は15万〜30万円が標準的?
最近のアキバでは、ゲーミングPCを一式組むのに「本体で20万円、周辺機器込みで25万円」なんて話も耳にする。数年前の「10万円でもまぁOK」という時代から相場観が大きく変わっている……?(2019/4/22)

週末アキバ速報:
240GB MLCのSSDが税込み2680円!
KingStoneの2.5インチSSD「SSDNow V300 SV300S37A/240G」が、パソコンSHOPアークに入荷。驚異の安さで週末特価の目玉となっている。今週はスポット入荷の特価販売に注目だ。(2019/4/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
初の第9世代Core i3が登場も「売り方に悩む」の声 HDDマウンタが人気の理由
第9世代Core iシリーズで初のCore i3モデルとなる「9350KF」が店頭に並んだ。枯渇気味のCore iシリーズの貴重な選択肢になりそうだが、複数のショップからは複雑な反応が返ってくる。それは――。(2019/4/15)

週末アキバ速報:
RTXがじわじわ値下がり中――税込み14万円のRTX 2080Tiに6万円切りのRTX 2070
今週末はGeForce RTX 2000ファミリーの中でも、2080Tiと2070カードの特価が目立つショップが多い。同GPU内でも人気に二極化が見られるという話も。(2019/4/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
にわかに“ゼロSATA”構成が人気を集めている理由
ここ最近、複数のショップでSATAケーブルを使わない構成のマシンを組むユーザーが増えていると耳にする。それに伴い、M.2 SSDが2枚差しできるマザーボードや外付けのM.2 SSDケースが売れているという。(2019/4/8)

パソコン工房、BTOデスクトップのラインアップにCore i7-9700KF搭載モデルを追加
ユニットコムは、パソコン工房ブランド製のBTO対応デスクトップPCにCore i7-9700KF搭載モデルを追加した。(2019/4/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
GPUなしCore iシリーズが登場も「価格差がない! あるのは在庫だけ」の声
Core iシリーズの品薄が叫ばれる中、GPU機能なしの「Core i9-9900KF」「Core i7-9700KF」「Core i5-9600KF」がラインアップに加わった。多くのショップは性能ではなく価格に対して一言ある様子だった。それは……(2019/4/1)

週末アキバ特価レポート:
新生活特需を後押し!? DDR4 32GBキットが税込み1万8980円
ここ最近、週末特価で目立っているのがSSDとDDR4メモリだ。税込み1万円を切る16GBキットが複数のショップで人気を集めており、新生活前の一式買いに一役買っているとか買っていないとか。(2019/3/30)

これぞ高根の花 「Xeon W」が使える20万円のROGマザーがデビュー
40万円弱のアンロックCPUに7万円の専用水冷クーラー、CPUの性能をフルに引き出せる20万円マザーが登場。趣味方面では久方ぶりの突出具合だが、各ショップで順調に売れている様子だ。(2019/3/25)

週末アキバ特価レポート:
GeForce GTX 1660搭載グラフィックスカードが早速特価で税込み2万9000円切り
登場したばかりのGeForce GTX 1660搭載カードが早速週末特価となり、税込み3万円で買えるモデルが複数見つかるようになった。GTX 1660 Tiの特価も見逃せない。(2019/3/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce GTX 1660の登場に見る「3万円の壁」 アキバの評価は……
新GPU「GeForce GTX 1660」の評価で、アキバのPCパーツショップから聞こえてくる「3万円を切ってからが勝負」の声。1つ上のGTX 1660Tiカードは「4万円を超えると厳しい」とも言われている。そのあたりの価格感を追ってみた。(2019/3/18)

ユニットコム、Radeon RX 590を搭載したコスパ重視のゲーミングデスクトップ
ユニットコムは、“iiyama PC”ブランド製ゲーミングPCのラインアップにRadeon RX 590搭載モデルを追加した。(2019/3/18)

週末アキバ特価レポート:
WD協賛イベント連動で4TB HDDが税込み6980円に
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は、ウエスタンデジタル製ドライブの特価セールを実施。同社協賛イベント連動ということで、BlueもRedもPurpleも普段以上にお買い得になっている。(2019/3/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
家庭の環境がボトルネック? 定格1800Wの力を持つ電源ユニットが話題に
AC入力電圧220〜240V環境下で定格1800W(ピーク1900W)出力が可能なATX電源ユニットが登場し、「国内でフル性能を引き出すのは至難」と評判になっている。他にも先週はハイエンドな新製品が目立っていた。(2019/3/12)

週末アキバ特価レポート:
あのMicron 2TB SSDが税込み3万円切りで再入荷 
約1年前に4万円切り2TB SSDとして話題になったMicronの「MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY」がTSUKUMO eX.に再入荷。税込み2万8944円で売り出している。(2019/3/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce GTX 1660 Tiカードの裏で、好調なRadeon RX 590/580/570
GeForce GTX 1660 Tiカードのラインアップが順調に増える中、売れ行きの面でRadeon RX 590/580/570の存在感が無視できなくなってきたと語るショップが複数あった。ブランドの壁って、もうない?(2019/3/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「いろいろな意味で微妙」なGeForce GTX 1660 Tiカードが登場
NVIDIAのミドルレンジGPU「GeForce GTX 1660 Ti」を搭載したグラフィックスカードが税込み4万円前後で登場した。将来定番になる期待は持たれつつも、多くのショップで表題のようなことを聞いた。(2019/2/25)

週末アキバ特価レポート:
登場時は4万〜5万円台だったグラフィックスカードが2万円台に GeForce GTX 1660 Tiの影響で
今週末は複数店にスポット入荷したMSI「Radeon RX 580 ARMOR 8G OC」や、特価のGeForce GTX 1060カードなど、2万円台で買えるグラフィックスカードが目立っている。(2019/2/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
前評判に違わぬ売れ行きで「DeskMini A300」がデビュー
Ryzenが載せられる超小型ベアボーン「DeskMini A300」が各ショップで好調に売れている。加えて、新GPU「RADEON VII」の売れ行きも順調な様子だ。(2019/2/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
枯渇するCore i5の救世主になるか GPUなし「Core i5-9400F」の評判は?
2018年秋から枯渇が常態化している、ミドルレンジ以下のIntel製CPUの需要を埋める期待を背負い、税込み2万円台前半の価格で「Core i5-9400F」が登場した。(2019/2/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
ダーマポイント新作マウスに極柔ケーブルを付けたカスタム機が店頭に並ぶ
ダーマポイントの新作マウスの発売と同時に、ひものように柔らかいカスタムケーブルがアキバに登場。両者を組み合わせた限定モデルが誕生している。(2019/1/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
Windows 7サポート終了まで1年を切るもアキバが無風な理由
Windows 7のサポート期限が1年を切ったということで、PCパーツショップにはWindows 10への移行を進めるキャンペーンが始まっている。しかし、Windows XPのときとは空気が違うようだ。(2019/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。