ニュース
» 2015年08月20日 11時30分 UPDATE

ロジクール、“青軸”キースイッチを採用したUSBゲーミングキーボード「G710+」

ロジクールは、クリック感の強い Cherry MX“青軸”キースイッチを採用したUSBゲーミングキーボード「G710+」を発表した。

[ITmedia]

 ロジクールは8月20日、USB接続対応のゲーミングキーボード「ロジクール G710+ メカニカル ゲーミング キーボード(青軸)」(型番:G710pBL)を発表、8月27日に販売を開始する。価格はオープン、同社直販価格は1万7750円(税別)。

photophoto :G710pBL

 キースイッチとして、クリック感のある打鍵を味わえるCherry MX“青軸”キースイッチを採用したメカニカルキーボード。キーレイアウトは日本語108キー配列を採用、左側にはマクロ割り当てを行える“Gキー”も搭載した。Gキーはモード切替キーとの組み合わせで最大18種類の機能を割り当て可能だ。

 バックライト機能も搭載、“WASD/矢印”キーとそれ以外のゾーンでバックライトの輝度を変更することが可能だ。ほかゲーム向け機能として、Windowsキーなどの無効化機能や最大26キーの同時押しが可能な「26キーロールオーバー」、確実なキー入力を可能にする「112キーアンチゴースト」機能なども備えた。

 本体サイズは508.15(幅)×220(奥行き)×38.35(高さ)ミリ、重量は1.46キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.