ニュース
» 2015年08月31日 13時20分 UPDATE

ウィズテック、Skylake採用のミドルタワーゲーミングPC「飛燕 スタンダードv2」

ウィズテックは、CPUとしてCore i7-6700Kを標準搭載したBTO対応ゲーミングデスクトップPC「飛燕 スタンダードv2」の販売を開始した。

[ITmedia]
photo 飛燕 スタンダードv2

 ウィズテックは8月31日、CPUとしてCore i7-6700Kを標準搭載したBTO対応ゲーミングデスクトップPC「飛燕 スタンダードv2」を発表、同社運営ショップ「RISINGFORCE」で販売を開始した。OSレス時の標準構成価格は15万5800円(税込み)。

 ミドルタワー型筐体を採用したBTOデスクトップPCで、プロセッサとしてCore i7-6700K(4GHz/最大4.2GHz)を、グラフィックスカードとしてGeForce GTX 960/2Gバイト搭載した。

 メモリはDDR4 8Gバイト、ストレージは1TバイトHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.