ニュース
» 2015年10月22日 11時24分 UPDATE

エイサー、本体重量750グラムで短焦点設計を実現したLEDモバイルプロジェクター「K138ST」

日本エイサーは、短焦点投写をサポートしたWXGA表示対応のLEDモバイルプロジェクター「K138ST」を発表した。

[ITmedia]

 日本エイサーは10月22日、短焦点投写をサポートしたWXGA表示対応のLEDモバイルプロジェクター「K138ST」を発表、10月23日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は9万3000円前後の見込みだ。

photo K138ST

 1280×800ピクセル表示に対応するDLP方式採用のモバイルプロジェクターで、約1.7メートルの距離から100型投写を行える短焦点設計となっている。本体サイズは240(幅)×147(奥行き)×59(高さ)ミリ、重量は750グラムの小型軽量設計を実現しているのも特徴だ。

 周囲の明るさに応じて彩度と輝度を自動調節できる「LumiSense+」機能も搭載。表示スペックは輝度800ANSIルーメン、コントラスト比(最大)10万:1となっている。映像入力はHDMI(MHL対応)×1、アナログD-Sub/コンポーネントビデオ入力を装備、3ワット×2のステレオスピーカーも内蔵した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.