ニュース
» 2015年11月17日 14時01分 UPDATE

レノボ、Xeonを標準搭載したプロ向けモバイルWS「ThinkPad P」シリーズを発表

レノボ・ジャパンは、“ハイエンド・プロフェッショナル向け”をうたった高機能モバイルWS「ThinkPad P」シリーズ2製品の発表を行った。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは11月17日、高機能モバイルWS「ThinkPad P」シリーズ2製品「ThinkPad P50」「ThinkPad P70」を発表、本日より販売を開始する。

photophoto ThinkPad P50(左)、ThinkPad P70(右)

 ともにプロセッサとしてXeon E3-1500M v5シリーズを搭載するモバイルワークステーションで、Quadroの搭載にも標準で対応。15.6型モデルのThinkPad P50はQuadro M1000M/M2000Mを、17.3型モデルのThinkPad P70はQuadro M600M〜M5000Mまでの装備をサポートしている。また両モデルとも、カスタマイズにより4K(3840×2160ピクセル)液晶も選択可能だ。

 メモリはDDR4 ECCメモリを最大64Gバイト搭載可能なほか、Thunderbolt 3ポートも標準で搭載。NVMe SSDの装着も可能となっている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.