ニュース
» 2016年02月09日 11時59分 UPDATE

カシオ、待たずに投写できる“ハイブリッド光源”採用プロジェクター計8製品を投入

カシオ計算機は、電源投入から最短5秒で最大輝度に達する「レーザー&LEDハイブリッド光源」を採用したプロジェクター計8製品を発表した。

[ITmedia]

 カシオ計算機は2月9日、電源投入から最短5秒で最大輝度に達する「レーザー&LEDハイブリッド光源」を採用したプロジェクターを発表、3月18日より順次販売を開始する。

 電源投入後の“待ち時間”を不要とした「レーザー&LEDハイブリッド光源」技術を採用するプロジェクターで、ラインアップはエントリークラスモデルとなる「XJ-V100W」「XJ-V110W」「XJ-V10X」、およびアドバンスドモデルとなる「XJ-F210WN」「XJ-F100W」「XJ-F200WN」「XJ-F20XN」「XJ-F10X」の計8機種を用意した。

photophoto XJ-V100W/XJ-V110W/XJ-V10X(左)、XJ-F210WN/XJ-F100W/XJ-F200WN/XJ-F20XN/XJ-F10X(右)

 表示解像度は、XJ-V100W/XJ-V110W/XJ-F210WN/XJ-F100WXJ-F200WNの5機種がWXGA、XJ-V10X/XJ-F20XN/XJ-F10Xの3機種がXGAに対応。光源寿命は約2万時間を実現、明るさはいずれも3000ルーメン以上となっている。また上位構成のアドバンスドモデルには、Intel WiDi/Miracast対応モデルも用意。USB給電機能も標準で備えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう