ニュース
» 2016年03月22日 18時15分 UPDATE

方針転換:Microsoft、Skylake搭載PCにおけるWindows 7/Windows 8.1のサポート期間を1年延長

Skylake搭載モデルに限り、Windows 7/Windows 8.1のサポートを2017年7月17日で終了するという方針を2016年1月に打ち立てたMicrosoftだが、ここにきて2018年7月17日までサポート期間を延長すると発表した。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Microsoftは3月18日(現地時間)、2017年7月17日で終了と予告していた最新プロセッサ「Skylake」搭載モデルにおけるWindows 7/8.1のサポートを、2018年7月17日まで1年間延長すると発表した。さらに、サポートが終了する2018年7月17日以降も、OSのサポート期限まで全ての緊急セキュリティアップデートを提供するという。

ここにきて方針転換に打って出たMicrosoft ここにきて方針転換に打って出たMicrosoft

 今回、Skylakeに関するサポートポリシーをわずか2カ月で変更した理由として、Microsoftは「さまざまなステージにあるユーザーからフィードバックを受けた」と説明している。同社は引き続き、SkylakeとWindows 10を組み合わせを推奨している。

 各OSのサポート期限は、Windows 7は2020年1月14日まで、Windows 8.1は2023年1月10日までとされているが、「Windows 7は既に10年前に設計されたOSであり、必ずしも現在の最新ハードウェア環境にマッチしていない。デバイスドライバを含めて(Microsoftを含む)各社が個別対応でWindows 7サポートを行っている状態であり、ユーザーにとってもベストの体験ではない」(参考記事)という理由から、Skylake搭載モデルにおけるWindows 7/8.1のサポートを2017年7月17日で終了すると発表していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.