ニュース
» 2016年04月22日 11時48分 UPDATE

アーク、円筒型のコンパクトゲーミングPC「Vortex」の取り扱いを開始

タワーヒルは、MSI製となる円筒型筐体を採用したゲーミングデスクトップPC「Vortex」シリーズの取り扱い開始を発表した。

[ITmedia]

 パソコンショップアークを経営するタワーヒルはこのほど、MSI製となる円筒型筐体を採用したゲーミングデスクトップPC「Vortex」シリーズの取り扱い開始を発表、予約受付を開始した(販売開始は4月27日の予定)。販売価格は下位構成の「Vortex G65 6QD-001JP」が32万9800円、上位構成の「Vortex G65 6QF-007JP」が49万9800円だ(ともに税込み)。

 円筒型の省スペース筐体を採用したゲーミングPCで、プロセッサとしてCore i7-6700Kを搭載。グラフィックスカード構成は下位の6QD-001JPがGeForce GTX 960×2基、上位の6QF-007JPがGeForce GTX 980×2基のSLI構成を採用している。

photo Vortex

 メモリはそれぞれ16GB/32GBを、ストレージは256GB M.2 SSD×(128GB×2のRAID 0構成)+1TB HDDを装備した。OSはWindows 10 Home 64bitを導入、本体サイズは191.7(幅)×202.5(奥行き)×278(高さ)ミリ、重量は約4キロ。

※記事初出時、SSD容量の記述に誤りがありました。正しくは128GB×2の256GB容量になります。おわびして訂正いたします

関連キーワード

ゲーミングPC | デスクトップ | GeForce | MSI | Core i7 | RAID | SLI | SSD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう