特集
» 2016年06月14日 11時00分 公開

メーカーコラボ企画 第一弾:「夏ボで買いたいコンパクトゲーミングノートPCはコレだ!!」――G-Tune×PC USER

コラボ企画第一弾は、コンパクトなゲーミングノート。マウスコンピューターが展開するゲーミングPCブランド「G-Tune」の協力を得て、オリジナル仕様のモデルを作ってもらった。

[編集G,ITmedia]

 ボーナス間近で物欲が加速するこの季節。編集部が各メーカーにかけあって「読者のためのお得なモデル」を作ってもらうメーカーコラボ第一弾はゲーミングノートだ。ゲーミングPCといえばG-Tuneブランドでしょう、というわけで今回はマウスコンピューターに協力を求めた。

コンパクトでパワフルなゲーミングノートPCが欲しい!

 ……というのは建前で、メーカーの協力のもと「読者のために」と言いながら、実は私欲に駆られて「自分がほしいモデル」を追求するのはPC USERの伝統である。話は数カ月前、G-Tuneブランドの育ての親でもある杉澤氏との会話にさかのぼる――。

某月某日 東京・神田(マウスコンピューター本社)

編集G すっぎさっわさんっ

杉澤 ああ、びっくりした。お世話になっております。ウチの誰かと打ち合わせですか? 呼び出しますよ。

「え、なんでいるんですか?」(杉澤氏)

編集G いえ、杉澤さんに会いに。

杉澤 ……はい?

編集G もう、会議中でなかなか戻ってこないからずいぶん待ちましたよ。

杉澤 意味が分からないんですけど、アポなし訪問ってことですか?

編集G 来ちゃった。

杉澤 「来ちゃった」じゃなくてさ。えーと、はぁ、まあ、はい。なんですか?

編集G 杉澤さんさすがです。「もうコイツには何を言っても無駄だろうな」って感じのその冷め切った態度、ひゅー、かっこいい。

杉澤 いや、いいから。それで、アポなしで捕まえたってことは面倒な話なんですよね?

編集G まさか。普通にPC USERとG-Tuneでコラボしませんか、っていうお誘いです。

杉澤 嫌な予感しかねーよ。

編集G ちなみに近々「i3500」の後継モデルが出たりしませんか? 今のNEXTGEAR-NOTEって15型と17型のラインアップしかないじゃないですか(注:当時)。13型くらいで高性能なゲーミングノートPCが欲しいんですけど、開発予定ないですかね。というか、一緒に作りましょうよ。

NEXTGEAR-NOTEのラインアップで13.3型クラスを受け持つのは、コンパクトなボディーにGTXクラスのGPUを搭載した名作シリーズ。共通のボディーでGTX 860、GTX 960と世代を経てきたが後継機が発表されていなかった

杉澤 うーん、そのサイズは検討していると思いますが、具体的な進ちょくは分からないですね。小林(G-Tune製品担当)に聞いておきます。後でその企画をまとめてメールしてもらっていいですか?

編集G で、i3500よりも画面が一回り大きいといいなって思うんですよ。持ち運べるぎりぎりのラインで14型。しかもi3500より薄くて軽いのがベター。

杉澤 相変わらず人の話をまったく聞いてませんね。

編集G あとはSSDもNVMeに対応した高速タイプが欲しいです。SATA世代から考えると、もう別次元ですからね。SSDのオプションで「SM951」を選べるようにしましょう。

杉澤 ……はぁ、ほかに要望はありますか? 話は小林に伝えておきますので。なければもう行きますね。

編集G なんだか忙しそうですね。やっぱりマーケティング室の室長ともなると、下々の者には関わってられないですか。あーあ、偉くなって変わっちゃった杉澤さんなんて見たくなかったなー。

杉澤 編集長になってもまったく変わらないアンタのほうが驚きだよ……。

5月某日 東京・神田(マウスコンピューター本社)

 それから数カ月、杉澤氏にもちかけた相談を完全に忘れていた筆者の元に、新製品を紹介したいとマウスコンピューターの小林氏から連絡があった。

G-Tune製品担当の小林氏と当時未発表の新モデル

小林 ご足労頂きましてありがとうございます。

編集G それで、見せたいものってなんですか?

小林 これです。新しく14型のゲーミングノートを出すことになって、真っ先に編集Gさんにお知らせしたいと。

編集G ああ、モバイルゲーミングのカテゴリはしばらく不在でしたよね。

小林 はい。「NEXTGEAR-NOTE i4600」シリーズとして投入することになりました。

編集G 14型なんですね。いい感じじゃないですか!

小林 ええ、従来の13型よりも画面を大きくしつつ、「i3500」よりも厚さと重さは抑えています。厚さは25.4ミリ、重量は2キロなので、モバイルと呼ぶには大きいですが、それでも持ち運べる範囲かなと。数字的な意味ではご希望に添えるかと思います。

編集G ん、希望?

小林 はい。コラボPCのベースモデルとして、そうした製品を望まれていると杉澤より聞いておりましたので。

編集G あ……あぁ。はい、そうです。もしかしてSSDはNVMe対応?

小林 そういうお話でしたので、BTOでSamsungの「SM951」も選択できるようにしています。

編集G 出した技は全部受けるタイプか……。

小林 何か?

編集G いえ、なんでもないです。

小林 また、ボディーは薄くなっていますが、グラフィックスはGTX 965Mに強化しているので、排熱設計にはかなり苦労しました。970Mも検討に挙がったんですが、これは温度が許容範囲を超えたために採用を見送りました。高スペックを大々的にうたいながら、実際はユーザー体験を損なうくらい極端に熱くなるような製品ではまずいですから。

編集G おっと緑のロゴが入った見た目は超カッコイイ某PCの悪口はそこまでだ。

小林 は? そんなことは言ってませんが。

編集G はい、すみません……。

小林さんちょっと目つきが怖いです……

小林 それで構成なんですが、CPUは固定で「Core i7-6700HQ」(2.6GHz/最大3.5GHz)ですので、メモリとストレージをどうするかですが、NVMe対応のSSDを積むとなると、プラチナモデルの「NEXTGEAR-NOTE i4600PA1」をベースにしたほうがいいですね。

編集G はい……。

小林 例えば、エントリーのブロンズモデル「NEXTGEAR-NOTE i4600BA1」からメモリを16GBに倍増して、さらにNVMe対応の256MB SSD(SM951)を搭載した場合、2.5インチベイのほうにも別にSATA接続の240GB SSDがあるとはいえ、税別で16万7600円になってしまいます。

編集G なるほど。プラチナモデルなら?

小林 ストレージがNVMe対応の240GB SSDと1TB HDDの組み合わせで税別15万9800円です。

編集G 高いですね。

小林 はい、ですので、プラチナモデルをベースにしたほうがいいかと。

編集G 15万円切れませんか?

小林 はい?

編集G いやだから、プラチナモデルで15万円切れませんか?

小林 無理です。

小林さん目を閉じてもなんか怖いです……

編集G そうですか……あ、話は変わりますけど、この液晶パネルの部分、かなり薄く見えますね。

小林 最近の液晶パネルはバックライトもLEDタイプで構造的にスリムで軽くなってますよ。今回のモデルの軽量化、スリム化にも一役買っています。

編集G そうなんですね。ちなみにパネルのタイプは?

小林 一般的なTNパネルです。ゲーミングモデルなので、フルHDという解像度と応答速度の点から選択しています。

編集G 13型のときはIGZOパネルを採用したモデルまであったのに……

小林 今回のご希望は確かゲーミングノートでしたよね。高解像度のプレミアモデルというコンセプトならそれもアリかもしれませんが、このサイズのゲーミングノートではそもそも、

編集G ……なんて思ってないので大丈夫です。ごめんなさい。

小林 分かって頂ければいいです。

小林さん……

編集G でもなぁ、あとほんのちょっとだけ安かったらコスパも高くてより魅力的なんですけどね。やっぱり15万円切れませんか?

小林 直接的に価格を下げるのはちょっと。

編集G じゃあ考え方を変えてみましょう。CPUは固定、メモリはデュアルチャンネルで16GBはほしい。それなら削れるのはストレージだ。でも体感スピードに直結するSM951は絶対条件です。と考えると、2.5インチベイに搭載されている1TB HDDですが、これ取っちゃいませんか?

小林 NVMe SSDだけの構成はBTOで選べないんです。

編集G はい。だから、それを特別に用意して税別14万9800円にしましょう

小林 1TB HDDをなくすだけでマイナス1万円っていうのは、ほかのモデルとの兼ね合いもありますし、不公平感というか……。

編集G でも元々その構成は選べないんですよね。それならPC USER読者限定ってことで不公平感はないですよ。

小林 ですかね。

編集G 大丈夫大丈夫。

小林 分かりました。いちおう杉澤に確認してみますが、何とかそれで、収まるようにしてみます。

編集G ありがとうございます。それじゃ次はオリジナル特典について話しましょうか。

小林 えっ。

編集G PC USER読者限定のコラボモデルってことなら、特典は必要ですよね。

小林 はぁ、まぁ。

編集G 何かないかなぁ。あ、このG-Tuneちゃんオリジナルグッズは? これから暑くなってくるしTシャツとかどうです?

小林 いや、もう、これ以上コストがかかるのは無理ですよ。

編集G ん、この非売品のマグカップとかアクリルキーホルダーって?

小林 何かのイベントで特別に作ったけど、数もそれほどないし、非売品扱いになってるアイテムですね。

編集G それだ。

小林 は?

編集G それを特典に付けましょう。

小林 非売品なんですが。人の話を聞いてますか?

編集G 通常のルートでは手に入らないけど限定モデルなら手に入る、ね、プレミア感あるじゃないですか。Tuneちゃん可愛いし。大丈夫大丈夫。


 というわけで、メーカーコラボ第一弾「夏ボで買うゲーミングノートPC」の概要が固まった。基本構成は以下。

NEXTGEAR-NOTE i4600PA1-PCU
CPU Core i7-6700HQ(2.6GHz/最大3.5GHz)
メモリ DDR4-SO-DIMM PC17000 16GB(8GB×2)
ストレージ 256GB M.2 SSD(Samsung SM951-NVMe 256GB)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 965M/2GB
液晶ディスプレイ 14型(1920×1080ピクセル)ノングレア
無線LAN IEEE802.11ac/a/b/g/n+Bluetooth 4.2
OS 64bit版Windows 10 Home
特典 秘蔵のオリジナルグッズ付き
価格(税別) 14万9800円

小林 ちょっと待ってください。なんで確定事項みたいな流れになってるんですか。

編集G やっぱりもっと値段下げてみますか?

小林 ……グッズの在庫確認してきます。

コラボモデルの特典としてゲットした非売品のマグカップとアクリルキーホルダー(2種セット)。どちらかを選択できる

 以上、14型ボディーに強力なCore i7とGTX 965Mを搭載し、さらに超高速なSSDを採用しつつ価格も抑えたコンパクトゲーミングノートPCをマウスコンピューターに用意してもらった。しかも非売品グッズ付き。夏のボーナスでノートPCの購入を予定している方は、是非検討して欲しい。

マウスコンピューター/G-Tune

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう