ニュース
» 2016年10月06日 11時56分 UPDATE

マウス、Windows Helloに対応した顔認証カメラ/指紋認証リーダーの販売を開始

マウスコンピューターは、Windows Hello機能でのログインに対応する外付け型顔認証カメラ/指紋認証リーダーを発表した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは10月6日、Windows Hello機能でのログインに対応する外付け型顔認証カメラ「CM01」、指紋認証リーダー「FP01」の2製品を発表、本日より販売を開始する。価格はCM01が7980円、FP01が4980円(ともに税別/送料込み)。

photophoto
photophoto CM01(上段2点)、CM01(下段2点)

 2製品はともに、生体認証でログインを行えるWindows 10搭載機能の「Windows Hello」に対応したUSB接続対応のアダプタ。CM01は顔認証ログインをサポートするカメラで、赤外線カメラ(深度センサー)で顔の特徴を立体的に識別することが可能だ。FP01はUSBポート直挿し型の小型ユニットで、センサー部に指をタッチするだけで指紋認識を行える。

 ともにマルチユーザーに対応しており、複数のアカウントの使い分けが可能だ。対応OSはWindows 10(Anniversary Update 推奨)。

マウスコンピューター/G-Tune

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう