ニュース
» 2016年10月27日 13時50分 UPDATE

富士通とLenovo、PC事業における戦略的提携を検討中 日本政策投資銀行による支援も協議中

富士通、富士通クライアントコンピューティング、Lenovoの3社が、PC市場における戦略的提携の検討を進めていることを明らかにした。日本政策投資銀行による財務面と戦略面での支援についても協議を進めているという。

[井上翔,ITmedia]

 富士通、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)とLenovoは10月27日、グローバル市場におけるPCの研究・開発・設計・製造に関する戦略的な提携について検討を進めていることを明らかにした。

富士通のデスクトップPC 富士通の「ESPRIMO FH90/A3」
LenovoのノートPC Lenovoの「ThinkPad X1 Carbon(2016年モデル)」

 富士通は、2016年2月1日にPC事業をFCCLに分社化し、他社との協業を含めて事業展開についてさまざまな検討をしてきた。その過程で、東芝のPC事業やVAIOとの事業統合を検討する旨の一部報道もあったが、それは実現しなかった(参考記事)。

 今回の戦略的提携の目的について、富士通とLenovoは「富士通のグローバル販売力、お客様サポート力、開発および製造能力と、レノボの卓越したオペレーションを融合し、ダイナミックなグローバル市場で戦うための成功モデルを目指すもの」であると説明している。

 なお、今回の提携検討に当たり、富士通とLenovoは日本政策投資銀行による財務面と戦略面での支援についても協議を進めることにしている。

日本語のニュースリリース 本件に関する日本語版ニュースリリース(PDF形式)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう