ニュース
» 2016年11月08日 19時53分 UPDATE

アンテナ8本、3バンドで最大5400Mbps:TP-LINKから高性能トライバンド無線LANルーター

TP-LINKは日本市場向け製品第二弾として無線LANルーター3モデルを投入する。フラッグシップモデルは5GHz(理論値2167Mbps)×2+2.4GHz(1000Mbps)のトライバンド仕様。

[ITmedia]

 ティーピーリンクジャパンは11月8日、無線LANルーターの新製品発表会を開催した。同社は世界120カ国で展開するネットワーク機器メーカー。世界シェアで22四半期連続の首位を獲得し、2015年は43%のシェアを占める無線LAN製品の最大手だ。創業20周年となる2016年に日本市場にも本格参入している。

TP-LINKが展開する無線LAN製品群。2016年に日本市場へ参入した

 新製品発表会では、日本支社長のSimon Li氏(李 超毅)が登壇し、これまで日本市場で販売した「Archer C7」と「Archer C9」を紹介。高い性能と手の届きやすい価格、デザイン性の高さが受け、6月の発売から特にオンライン販売での評価が高いとアピールした。

TP-LINKの無線LAN製品市場シェア(IDC調べ)

管理画面とアプリのユーザーインタフェース

 こうした好調な立ち上がりを受け、今回新たに3つの無線LANルーターを投入する。NitroQAM(1024-QAM)と4ストリームにより、5GHz帯で2167Mbps/2.4GHz帯で1000Mbps(ともに理論値)を実現した「Archer C5400」と「Archer C3150」、およびエントリー向けの「Archer C55」で、いずれもコストパフォーマンスの高さをウリにした製品だ。

 例えば、最新技術を採用したフラッグシップのArcher C5400は、同等スペックの競合製品が4万円台半ばであるのに対し2万9800円(11月末発売)、Archer C3150は競合が3万円台後半であるのに対して実売1万9800円(11月中旬発売)と1万円以上安い。また、Archer C55はIEEE802.11acに対応し、一般用途であれば十分な性能を備えながら5180円(12月上旬発売)と戦略的な価格になっている(いずれも参考価格)。

8本のアンテナが目を引く「Archer C5400」。1.4GHz動作のBroadcom製デュアルコアCPUを搭載する。5GHz(2167Mbps)×2、2.4GHz(1000Mbps)×1のトライバンド

光沢感のあるジェットブラックの「Archer C3150」。こちらも1.4GHzデュアルコアCPUを搭載。5GHz(2167Mbps)と2.4GHz(1000Mbps)のデュアルバンド

11ac対応で5180円(参考価格)を実現したエントリーモデル「Archer C55」

このほか、無線LAN中継器「RE450」(参考価格7180円)とポータブルルーター「TL-WR802N」(参考価格2180円)が11月8日より出荷される

 「今年6月に(日本で)販売を始め、オンラインショップのレビューで高評価を頂いている。今後も信頼性の高さ、優れた品質を武器に訴求していく」(Li氏)

ティーピーリンクジャパン支社長のSimon Li氏(李 超毅)

関連キーワード

無線LANルータ | IEEE802.11ac | 中国 | 転送速度


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう