ニュース
» 2016年12月14日 13時01分 UPDATE

AMD、「Zen」ベースの次世代プロセッサ「Ryzen」を発表

米AMDは、「Zen」コアアーキテクチャをベースとしたデスクトップ向け次世代プロセッサの発表を行った。

[ITmedia]
photo

 米AMDはこのほど、「Zen」コアアーキテクチャをベースとしたデスクトップ向け次世代プロセッサの発表を行った。

 あわせて、「Zen」コアを採用するデスクトップ/ノートPC向けプロセッサのブランド名となる「Ryzen」も発表。2017年第1四半期より正式発表と販売が開始される予定だ(ノートPC向けプロセッサは2017年下半期の見込み)。

 またこのほど実施された米ファンイベント「New Horizon」では、8コア(16スレッド動作)/3.4GHz駆動のAMD Ryzenデスクトッププロセッサの展示を実施。イメージレンダリングおよびビデオトランスコードデモにおいて“Core i7-6900Kと同等か上回る”パフォーマンスを示した、としている。

 Ryzenプロセッサについての詳細はこちら(英文)

関連キーワード

AMD | デスクトップ | Core i7


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう