ニュース
» 2016年12月31日 06時00分 UPDATE

達人レビュアーが選んだ2016年のイチオシPC (1/3)

2016年も多くのPCや2in1が登場し、注目製品をじっくりレビューしてきた。その中でも印象深いモデルを選出していこう。

[鈴木雅暢,ITmedia]
LG gram

 モバイルPCの薄型軽量化が一気に進んだ印象がある2016年。さまざまな新製品が登場したが、個人的に強く印象に残ったPCや2in1(ノートPCにもタブレットにもなるデバイス)を取り上げていこう。

既存の概念にとらわれない発想力「LG gram」

LG gram 「LG gram」(LGエレクトロニクス・ジャパン)

 意外に知られていない製品だが、ノートPCでテクノロジーの進化を感じさせてくれたのが「LG gram」(LGエレクトロニクス・ジャパン)だ。

 15.6型でフルHD解像度のIPS液晶ディスプレイを備え、重量はたった980g(厚さは16.8mm)。Core i5-6200U(2.3GHz/最大2.8GHz)を搭載し、公称バッテリー駆動時間は約7時間。13型前後のノートPCではなく、15.6型の大画面ノートPCでの話だ。こんな製品が作れるようになったとは感慨深い。もちろん、15.6型ノートPCでは世界最軽量をうたう。

 さらに、先進的なUSB Type-Cポートも搭載する。これはただのUSBポートではなく、DP over USB-C(DisplayPort 1.2)、USB PD(20V/2A)といった拡張仕様もサポートしており、これらに対応した外付けディスプレイと合わせて使えば、ケーブル1本で充電と画面表示が同時に行える。

 日本をはじめ、PC市場では13型前後がモバイルノートPCの標準的な画面サイズとなっており、製品が充実している一方、そこから外れると途端に選択肢がなくなる。例えば生産性を重視するならば、外出先でも大画面で作業できた方がいいが、これまではこうした大画面ノートPCを持ち歩こうとすると厚くて重いのを我慢する必要があった。

 各社が12〜13型の枠内でモバイルPCのベストを追求している中、既存の枠を超え、真に理想のモバイルPCを追求した姿勢は特筆できる。2016年、最もイノベーティブなPCとして、強く推したい。

薄型軽量化の技術を王道ビジネスPCに還元「ThinkPad T460s」

ThinkPad T460s 「ThinkPad T460s」(レノボ・ジャパン)

 最先端を行くLG gramとは真逆の方向性だが、Lenovoの「ThinkPad T460s」も見逃してはならない製品だ。最新の薄型軽量化技術を従来よりの王道路線ビジネスノートPCにフィードバックし、2016年の時点で最高と言えるビジネスPCの決定版に仕上げている。

 ThinkPad伝統の堅牢性は薄型化しても揺るがない。モバイルPCの標準よりも一回り大きな画面、高い接続性、最高に打ちやすいキーボードとポインティングデバイスに加えて、強調したいのがメンテナンス性の高さだ。底部のネジを5本はずすだけで簡単にカバーが外れ、メモリスロットやM.2スロットにアクセスできる。

 18.8mm(最厚部)、約1.32kg(タッチパネル非搭載モデルの場合)まで軽量軽量化しているのだが、ビジネスのユーザービリティーに関する要素は何も犠牲にしていない。

 同じ14型液晶ディスプレイを搭載する同社製品には、より薄型軽量の「ThinkPad X1 Carbon(2016年モデル)」もあるが、接続性やメンテナンス性が多少犠牲になっている。コンセプトが異なる両者だが、購入後の拡張が容易にできる点は(作業は自己責任になるが)コストパフォーマンスの面でも大きい。PCの薄型軽量化が進行する中、これだけのメンテナンス性を確保した製品は貴重なだけに、こちらを強く推したい。

 ちなみに、筆者はCore i5-6200U搭載モデルをほぼ最小構成で購入し、メモリを20GBへ増設、ストレージを1TBのSSDに交換して使っている。これだけのぜいたくな環境を総額14万円(税込)ほどで手に入れられたのは、同製品ならではの高いメンテナンス性の恩恵だ。ノートPC内蔵パーツの交換に抵抗がないような中上級者ユーザーならば、こうした点に魅力を感じてもらえるに違いない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.