ニュース
» 2017年01月16日 11時23分 UPDATE

オウルテック、三つ折アルミ筐体採用のBluetoothキーボードなど3製品を発売

オウルテックは、折りたたみ機構を採用したBluetoothワイヤレスキーボード計3モデルを発表した。

[ITmedia]

 オウルテックは1月16日、折りたたみ機構を採用したBluetoothワイヤレスキーボード計3モデル「OWL-BTKB6401」「OWL-BTKB7801」「OWL-BTKB6402」を発表、1月下旬より順次販売を開始する。同社直販価格はそれぞれ6458円/8618円/5378円だ(税込み)。

photophoto
photo OWL-BTKB6401(左上)、OWL-BTKB7801(右上)、OWL-BTKB6402(下)  OWL-BTKB6401/BTKB7801はホワイトモデルも用意している

 3製品はいずれもBluetooth 3.0接続に対応するワイヤレスキーボードで、OWL-BTKB6401/BTKB7801は三つ折、OWL-BTKB6402は二つ折の折りたたみ機構を備えたコンパクト設計となっている。マルチOSに対応しているのも特徴で、切り替えによりWindows/Android/iOSでの利用をサポートした。

 キー配列はOWL-BTKB6401およびOWL-BTKB6402が英語64キー配列(5段)、OWL-BTKB7801が英語78キー配列(6段)を採用した。内臓バッテリーの連続駆動時間はOWL-BTKB6401/BTKB7801が約84時間、OWL-BTKB6402が約40時間となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう