ニュース
» 2017年04月18日 12時07分 UPDATE

レノボ、最大8基のストレージを装着できる1Uラックマウントサーバ「Lenovo System x3250 M6」など2製品

レノボ・ジャパンは、同社製エントリーサーバのラインアップに最新CPUを搭載した新構成モデル「Lenovo System x3250 M6」「Lenovo ThinkServer TS150」の2製品を追加した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは4月18日、同社製エントリーサーバのラインアップに最新CPUを搭載した新構成モデル「Lenovo System x3250 M6」「Lenovo ThinkServer TS150」の2製品を追加、本日より販売を開始する。

photophoto Lenovo System x3250 M6(左)、Lenovo ThinkServer TS150(右)

 ともに最新のXeon E3-1200 v6シリーズの搭載に対応したビジネス向けサーバ製品。Lenovo System x3250 M6は1Uラックマウント型筐体を採用した省スペースモデルで、2.5インチベイ×8基(または3.5インチ×4基)までの装着に対応した。「Lenovo ThinkServer TS150」はタワー型筐体を採用したデスクトップ型モデルで、静音性能にも配慮した設計となっているのが特徴だ。

 価格はLenovo System x3250 M6が18万円から、Lenovo ThinkServer TS150が7万3000円から(ともに税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう