ニュース
» 2017年07月05日 14時44分 UPDATE

クリエイティブメディア、32bit/384kHzハイレゾ再生にも対応したゲーミングサウンドカード

クリエイティブメディアは、同社製サウンドカード「Sound BlasterX」シリーズのラインアップにハイレゾ再生対応の上位モデル「Sound BlasterX AE-5」を追加した。

[ITmedia]

 クリエイティブメディアは7月5日、同社製サウンドカード「Sound BlasterX」シリーズのラインアップにハイレゾ再生対応の上位モデル「Sound BlasterX AE-5」を追加、7月下旬に販売を開始する。価格はオープン、同社直販価格は1万5800円だ(税別)。

photo Sound BlasterX AE-5

 PCI Express x1接続に対応した内蔵型サウンドカード。最大32bit/384kHzのハイレゾ音源再生に対応したモデルで、DACとしてESS Technology製「ES9016K2M SABRE32 Ultra DAC」を採用した。

 左右独立アンプを備えた高音質ヘッドフォンアンプ「Xamp」も搭載、16Ω〜600Ωのヘッドフォンに対応する。またオーディオプロセッサには独自の「Sound Core3D」を採用しており、さまざまな音響効果を楽しむことが可能だ。

 LED発光ギミックの「Aurora ReactiveライティングシステムLED」も内蔵。カード本体ロゴの発光を楽しめるほか、付属のLEDテープを接続してケース内部などのライティングを行うこともできる。


 このほか、本体カラーをホワイトとした販売店限定モデルの「Sound BlasterX AE-5 Pure Edition」も発売予定となっている(発売時期/予想実売価格は未定)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう