ニュース
» 2017年09月01日 07時00分 公開

IFA 2017:Acerの「Mixed Reality」ヘッドセット、一般販売は「年内、できるだけ早く」

Acerの「Mixed Reality」ヘッドセットの日本における一般向け発売時期について、日本エイサーの中の人が言及した。

[井上輝一,ITmedia]

 米Microsoftの複合現実(MR)プラットフォーム「Windows Mixed Reality」に対応した台湾AcerのMRヘッドセット「Acer Windows Mixed Reality Headset」の日本向け一般販売は、「2017年内のできるだけ早い時期に発売したい」と日本エイサーのプロダクトマーケティングマネージメント部部長の谷康司氏が言及した。一般向け販売にはモーションコントローラーも同梱する予定だという。価格については未定としつつ、「5万〜6万円程度の範囲に収まるのでは」としている。

IFA 2017のAcerブースでは「Acer Windows Mixed Reality Headset」実機を試すことができる

 AcerのMRヘッドセットは1440×1440ピクセルの液晶を2枚搭載し、最大90Hzで駆動する。前面に配置した2つのセンサーで頭の動きをトラッキングできる。手元を肉眼で確認する際にヘッドセットを頭から外さなくてもいいように、頭に付けたままゴーグル部を上に跳ね上げられるようにしている。

MRヘッドセットMRヘッドセット ヘッドセットのバンドは頭に締めたまま、ゴーグル部だけを上に跳ね上げられる(装着者は日本エイサーの谷氏)
一般販売の際には同梱するというモーションコントローラー

 MRヘッドセットで体験できるコンテンツについては、「Oculus RiftやHTC Viveのコンテンツをそのまま体験することはできないが、開発元が既存コンテンツをUWP(Universal Windows Platforms)向けに変換してくれればできるはず」(同氏)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう