ニュース
» 2017年10月11日 14時14分 公開

サードウェーブデジノス、Xeon搭載の法人向けエントリーサーバ

サードウェーブデジノスは、法人向けサーバの新シリーズ「THIRDWAVE SERVER」を発表、第一弾モデル2製品の販売を開始する。

[ITmedia]

 サードウェーブデジノスは10月11日、法人向けサーバの新シリーズ「THIRDWAVE SERVER」を発表、エントリー向けサーバ2製品「THIRDWAVE SERVER X2110」「THIRDWAVE SERVER X251」の販売を10月16日13時より開始する。価格はそれぞれ21万5000円から/18万5000円から(発売記念キャンペーン価格はそれぞれ15万5000円から/13万5000円から、いずれも税別)。

photophoto THIRDWAVE SERVER X2110(左)、THIRDWAVE SERVER X251(右)

 いずれもCPUとしてXeon E3-1220v6を標準搭載したエントリーサーバで、THIRDWAVE SERVER X2110はホットスワップベイ搭載の1Uラックマウント筐体を、THIRDWAVE SERVER X251は拡張性重視のミニタワー型筐体を採用した。

 ともにメモリはECC DDR4 8GBを標準で内蔵、ストレージはオプションで選択が可能だ。また保守サービスとして、3年間の修理保証が付属。オプションにより5年への変更も行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう