コラム
» 2017年12月17日 06時00分 公開

ITはみ出しコラム:さすがのAmazonもYouTube視聴不可は困る? Chromecastの販売を再開へ(Apple TVも)

ユーザー不在のまま激化しつつあったAmazonとGoogleの動画配信サービスを巡るバトル。AmazonのオンラインストアにGoogleのChromecastが並んだことで、終戦の兆しが見えてきました。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Amazonは「Fire TV」と「Amazonプライム・ビデオ」を、Googleは「Chromecast」と「YouTube」を持っていて、これらは競合する部分が多いことから、お互いの製品やサービスを締め出し合うという、ユーザーにとっては迷惑なバトルが激化しています。

 このAmazonとGoogleの動画配信サービスを巡るバトルは、多くのユーザーに関係することから、動向が注目されていましたが、終戦の兆しが見えてきました。

 「AmazonでGoogleのChromecastとAppleのApple TVを扱っている」と米Amazon.comの広報担当者がコメントしたのです。米CNETが12月14日(現地時間)に、Amazonからの声明文を添えて報じました。

 2017年12月17日0時現在、Amazon.comではいずれの製品も「Currently unavailable.(現在お取り扱いしていません)」と表示されていて購入はできませんが、販売ページ自体はあります。

amazon 1 Amazon.comの「Chromecast」販売ページ。「Currently unavailable.(現在お取り扱いしていません)」との表示

 一方、Googleは「われわれはそれぞれの顧客のためになる合意に達するため、Amazonと生産的な話し合いをしている。これらの問題を早く解決する合意に達したい」とCNETにコメントしました。

 Googleが指摘する「これらの問題」というのは、AmazonのオンラインショップでChromecastをはじめとするGoogle製品(Google Homeとか系列会社Nestのスマートホーム製品とか)を扱わず、Google Cast(ChromecastやAndroid TVの非公式な総称)にAmazonプライム・ビデオを対応させないことを指します。

 この問題を解決するため、Googleはまず「YouTubeの引き上げ」で脅しをかけました。「Amazon側が問題を解決しなければ、2018年1月1日からFire TVでYouTubeを見られないようにするぞ」と声明を出したのです。

 どんな「生産的な話し合い」なのかは分かりませんが、とにかく条件が合えば、ChromecastはAmazonでも買えるようになり、ChromecastでAmazonプライム・ビデオを見られるようになるでしょう。年末までに話し合いが成立しないと、本当にお正月にFire TVユーザーはYouTubeをテレビで見られなくなるかもしれないので、交渉が難航しないことを願います。

 ただ、12月15日には日本のAmazon.co.jpでもChromecastを販売しているのを確認できたのですが、12月17日0時に再度見てみたらページが消えていました。ひょっとしたら、交渉が難航しているからかもしれません。

amazon 2 12月15日には存在したAmazon.co.jpの「Chromecast」販売ページ
amazon 3 12月17日0時には「お探しのページは見つかりませんした」の表示に

 ちなみに、Amazonのオンラインショップでは2015年にChromecastとともに、Apple TVの取り扱いもやめていましたが、今回はApple TVの販売も再開しています。

amazon 4 Amazon.comの「Apple TV」販売ページ

 また、Apple TVには12月にAmazonプライム・ビデオのアプリも提供を始めました。これは米Appleのティム・クックCEOが「Apple TVにAmazonプライム・ビデオが来るよ」と正式に発表してから半年後でした。

 半年後になった理由として、AmazonがtvOSのアプリ規定にAmazonプライム・ビデオのアプリを準拠させるのに手間が掛かったという話や、売り上げの取り分でなかなか折り合わなかったという話があります。

amazon 5 Apple TVのアプリストアに表示されるAmazonプライムビデオ

 今後Google CastにAmazonプライム・ビデオのアプリが配信されることはあるのか、あるとしたらいつなのかは、まだ分かりません。

 AmazonもGoogleも営利企業なので、「お客さま第一」とは言いつつも自社の利益を守るのは当然です。ユーザーをないがしろにしているといずれダメージを受けるのは企業の方のはずですが、2社ともここまで力を持ってしまうと、選択肢のないユーザー側はただとばっちりを受けるだけになってしまいます。

 AmazonとGoogleには仲良くしてほしいですが、それが両社の合併したGooglezon※の始まりになったりして……。

※Googlezonとは、2004年にロビン・スローン氏とマット・トンプソン氏が公開した近未来を占うFlashムービー「EPIC 2014」に出てくる、AmazonとGoogleが合併した巨大企業のこと

バックナンバー

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう