ニュース
» 2018年02月07日 12時31分 公開

ソニー、大会議室向け高輝度モデルなど業務用プロジェクター5機種を発表

ソニーは、高輝度表示を実現する業務用プロジェクター計5機種の発表を行った。

[ITmedia]

 ソニーは2月7日、高輝度表示を実現する業務用プロジェクター「VPL-FHZ120」「VPL-FHZ90」(および投写レンズをオプションとした「VPL-FHZ120L」「VPL-FHZ90L」)を発表、それぞれ8月23日/10月10日に販売を開始する。

photo VPL-FHZ120

 ともにレーザー光源を採用する3LCDパネル搭載プロジェクターで、1920×1200ピクセル表示に対応。新開発の高輝度対応1インチLCDパネルと高コントラストを実現する光学補償板を採用したことで、安定した明るさと鮮やかな色再現性を実現した。明るさはVPL-FHZ120が1万2000ルーメン(lm)、VPL-FHZ90が9000ルーメンとなっている。

photo VPL-FHZ66

 また従来モデルのラインアップも刷新。6100lm表示対応モデルの「VPL-FHZ66」、5100lm表示対応モデルの「VPL-FHZ61」、4200lm表示対応モデルの「VPL-FHZ58」の3製品を発表、6月15日に販売を開始する。

 製品ラインアップ、予想実売価格は以下の通りだ。

型名 明るさ 解像度 発売日 価格 予想実売価格
VPL-FHZ120 1万2000lm 1920×1200ピクセル 2018年8月23日 オープン 290万円前後
VPL-FHZ120L 270万円前後
VPL-FHZ90 9000lm 2018年10月10日 220万円前後
VPL-FHZ90L 200万円前後
VPL-FHZ66 6100lm 2018年6月15日 120万円前後
VPL-FHZ61 5100lm 100万円前後
VPL-FHZ58 4200lm 80万円前後

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう