ニュース
» 2018年03月03日 11時15分 公開

「日本のサービスを尊敬」「重視するのは“つながり”」――ASUS Storeオープン ジョニー・シー会長との一問一答

ASUS Store Akasakaの開店に合わせて、台湾ASUSのジョニー・シー会長が来日した。販売とサポートを同時に行うASUSとして世界で初めての店舗を、なぜ日本に出店したのだろうか。

[井上翔,ITmedia]

 ASUS JAPANは3月2日、東京都港区に「ASUS Store Akasaka」を開設した。この店舗はASUS専売店としては世界で初めて「ショップ」と「修理拠点」を兼ねていることが大きな特徴だ。

 ASUSとしては“世界初”の拠点ということもあり、同店のオープンに合わせて台湾から台湾ASUS(ASUSTek Computer)のジョニー・シー会長と、カスタマーサービス担当ゼネラルマネージャーのサムソン・フー氏が来日。同店のオープニングセレモニーに臨んだ。

 セレモニー終了後、シー会長が報道関係者との囲み取材に応じた。この記事では、その模様をお伝えする。

テープカットシーン ASUS Store Akasakaのオープンを宣言するテープカット。左からフー氏、シー会長、台北駐日経済文化代表処の郭仲熙副代表、ASUS JAPANのエミリー・ルー社長
あいさつするシー会長 セレモニーであいさつするシー会長。日本を含む海外では英語でスピーチすることが多いシー会長だが、今回は中国語であいさつを行った

なぜ日本? なぜ赤坂?

―― この店(ASUS Store Akasaka)は、販売とサポートが複合したASUSとして世界で初めての旗艦店ということだが、なぜ最初の出店地を日本としたのか。

シー会長 セレモニーでも話したが、私たちは日本のサービスへのこだわりや高品質なサービスを尊敬し、そこから学びを得てきた。なので、この赤坂で日本の(市場が求める)質の高いサービスを提供できると考えている。

 最初の出店地は慎重に選んだ。赤坂はビジネス街と(高級な)住宅街が一緒になっている。もしも物販(のみを)しようと思ったら、もっとにぎやかな場所に出店する選択肢もある。

 しかし、プレミアムかつゆとりのある、質の高いサービスを提供することを重視した結果、(最終的に)赤坂に出店することにした。

ASUS Store Akasaka ASUS Store Akasakaは、赤坂見附駅近くの表通りにある。赤坂に集まるビジネス客だけではなく、赤坂に住む人もターゲットにしているようだ

 これもセレモニーで話したことだが、私たちは「スマート革命(Smart Revolution)」を掲げ、新しいデジタル世界の中で、サービスを通してお客さまとつながっていくことを目指している。

 その上で、単にモノ(製品)を売るだけではなく、「AR(拡張現実)」を始めとするテクノロジーやクラウドサービスなど、お客さまとつながること(接点)が大切になる。“つながる”という観点で、店舗を作ることは(ビジョンをかなえる上で)非常に重要な取り組みだと考えている。

 日本の高品質なサービスは、本当に世界でもよく知られている。そのこともあり、まず日本で新しい取り組みを始めて、世界に広げようと思っている。

店舗展開は?

―― 今後、日本で赤坂以外に出店する予定はあるのか。

シー会長 まだ検討中だ。

 ここは初めての店舗。まず(この店舗を)完璧にしてから次にどうするかを考えたい。

ユーザー(候補)へのメッセージは?

―― 既存のASUSユーザーと、これからASUSユーザーになるであろう新規の客に対して、この店舗を通してどのようなメッセージを発信していきたいか。

シー会長 「新規顧客」と「既存顧客」を分けてメッセージを出そうとは特に考えていない。

 先ほども話した通り、ASUS製品を通して人と“つながる”ことがこの店のコンセプト。日本は高品質なサービスが普及しているからこそ、ここからいろいろな事を発信していきたい。

囲み取材の様子 囲み取材に応じるシー会長

「ZenFone 5」ファミリーは先行販売(展示)する?

―― Mobile World Congress 2018で発表された「新しい端末(ZenFone 5ファミリー)」は、ここでいち早く手にすることはできますか。

シー会長 そうなるとうれしい(笑)。

インストア戦略はどうなる?

―― 御社は今まで、(家電量販店の一角にASUSコーナーを設ける)「ショップインショップ」に取り組んできたと思う。これを拡大することには変わりないのか。

シー会長 ショップインショップはトラディショナル(伝統的)なチャンネルで、(今後も)必要ではある。

 しかし、新しい時代には、新しいやり方も必要で、(現在は)サービスを通してお客様つながっていく「コネクテッドサービス」を重視している。店でモノを販売するだけではなく、(サポートなどを通して)お客さまとつながることは重要なので、今回のような店を出した。

 今後もショップインショップは並行(して出店)するが、テーマは「コネクテッド(つながり)」になると思う。

関連キーワード

ASUS | 記念イベント | 世界初


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう