ニュース
» 2018年03月28日 02時22分 公開

Apple Pencilに対応した新しい9.7型「iPad」発表 3万7800円から

Appleが新しい9.7型「iPad」を発表。32GBモデルと128GBモデルをラインアップ。Apple Pencilに対応し、プロセッサは「A10 Fusion」にバージョンアップした。

[田中聡,ITmedia]

 米Appleが3月27日(現地時間)、新しい9.7型「iPad」を発表した。日本を含む世界各国で発売する。

 32GBモデルの価格はWi-Fi版が3万7800円(税別、以下同)、Wi-Fi+Cellular版が5万2800円。128GBモデルの価格はWi-Fi版が4万8800円、Wi-Fi+Cellular版が6万3800円。カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。オンラインストアでは既に注文ができ、記事執筆時点(日本時間の3月28日2時)時点で注文すると、3月30日〜4月3日に届けられる。Apple Storeではまだ販売されていない。

 教員向けには割引価格が設定されており、32GBモデルのWi-Fi版が3万5800円、Wi-Fi+Cellular版が4万9800円、128GBモデルのWi-Fi版が4万6800円、Wi-Fi+Cellular版が6万1800円。

iPad 新しい9.7型「iPad」。左からシルバー、ゴールド、スペースグレイ

 既存の9.7型iPadを置き換える製品で、最大の特徴は新たに「Apple Pencil」に対応したこと。イラストを描いたりメモを記録したりできるのはもちろん、「Pages」「Numbers」「Keynote」「Office」などのアプリ上で注釈を書き加えたり、メールに添付する画像にメモを書き込んだりもできる。Pages、Numbers、Keynoteでの手書き機能は、各アプリのアップデートにより対応した。Apple Pencilは1万800円の別売りで、教員向けには9800円で販売する。

 プロセッサは「A9」から「A10 Fusion」にバージョンアップし、4K動画の編集やグラフィックスを駆使したゲームの操作を快適に行えるとしている。ARアプリの利用も可能。

 サイズは169.5(幅)×240(高さ)×7.5(奥行き)mm、重量はWi-Fi版が469g、Wi-Fi+Cellular版が478gで、いずれも前モデルから変わっていない。Retinaディスプレイの解像度は1536×2048ピクセル。ホームボタンには指紋センサーの「Touch ID」を内蔵している。カメラはアウトが800万画素、インが120万画素。

 最大通信速度(理論値)はWi-Fi接続時が866Mbps、モバイル回線接続時が300Mbps。Wi-Fiでのインターネット、ビデオ、オーディオの利用時間は最大10時間、モバイル回線でのインターネット利用は最大9時間。Apple SIMに対応しており、海外で世界180以上の国と地域の携帯キャリアを選択できる。LTEの対応バンドは1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、27、28、29、30、38、39、40、41で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのネットワークに対応している。

iPad iOS 11をプリインストールしており、よく使うアプリを画面下の「Dock」から呼び出せる
iPad 2つのアプリを同時に表示させて操作できるマルチタスクにも対応している

【更新:2018年3月28日11時13分 価格を一部追記しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう