ニュース
» 2018年09月13日 15時51分 公開

EIZO、狭額縁デザインの23.8型フルHD液晶ディスプレイ

EIZOは、狭額縁デザインを実現した23.8型フルHD液晶ディスプレイ「FlexScan EV2450」の後継モデル2製品を発表した。

[ITmedia]

 EIZOは9月13日、狭額縁デザインを実現した23.8型フルHD液晶ディスプレイを発表、本日から順次販売を開始する。ラインアップは院内利用を想定したヘルスケア向けモデルの「EV2450-M」とオフィス、文教向けモデルの「EV2450-Z」の2タイプを用意。価格はともにオープン、同社直販価格はEV2450-Zが3万9960円だ(税込み)。

photo EV2450-Mおよび同-Z ともにカラーバリエーションはブラックとホワイトの2タイプを取りそろえる

 フルHD表示に対応する23.8型液晶ディスプレイ「FlexScan EV2450」の後継モデル。本体仕様は2モデルともに従来製品同様で、付属ケーブルとしてEV2450-MはDVIケーブルとアナログD-Subケーブルを、EV2450-ZはHDMIケーブルとDisplayPortケーブルをそれぞれ付属している。

関連キーワード

EIZO | ディスプレイ | フルHD | 後継モデル | FlexScan


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう