ニュース
» 2018年09月28日 15時38分 公開

山や河川などでのモニタリングに向く電池駆動型のIoT監視カメラ

ベジタリアは、防水防塵対応の乾電池駆動式監視カメラ「FieldCam FC-1000」を発売する。

[ITmedia]

 ベジタリアは9月28日、防水防塵(じん)対応の乾電池駆動式監視カメラ「FieldCam FC-1000」を発表、10月1日に発売する。価格は単体モデルの「PLAN A」が6万7800円(税別、以下同様)。この他、クラウドサーバ利用料などを含む「PLAN B」(初期費用7万4800円、月額使用料3980円)も用意される。

photo

 電源工事不要で設置できる電池駆動式を採用したIoTカメラ。LTEデータ通信に対応しており、クラウドサーバへのアップロードを単体で行うことが可能だ。

 時間指定での撮影の他、モーションセンサーによる撮影にも対応。センサー感知速度は0.65秒で、鳥獣害の監視にも向く仕様となっている。

関連キーワード

IoT | 監視カメラ | クラウド | データ通信


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう