ニュース
» 2018年10月03日 13時10分 公開

アイ・オー、PoE給電に対応したネットワークカメラ

アイ・オー・データ機器は、PoE給電をサポートしたネットワークカメラ計2製品を発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は10月3日、PoE給電をサポートしたネットワークカメラを発表、10月中旬に出荷を開始する。ラインアップは屋内向けモデルの「TS-NS210」と、防水防塵(じん)設計の屋外向けモデルの「TS-NA220」の2タイプを用意。価格はそれぞれ2万7700円、3万3300円だ(税別、以下同様)。

photophoto TS-NS210(左)、TS-NA220(右)

 オフィス内や工場などでの利用を想定したネットワークカメラ。LANケーブルから給電を行えるPoEに対応しており、電源工事不要で設置できる。

 microSDメモリカードやNASへの録画に対応、動体検知をメールやプッシュ通信で通知する機能も備えた。また専用アプリ「QwatchView」を用いることで、スマートフォンなどで外出先からカメラ映像の確認も行える。


 この他、ACアダプター駆動式(PoE非対応)の家庭向けモデル「TS-NA220W」も合わせて発売される。給電機能以外の基本仕様は屋外モデルのTS-NA220に準じる設計で、価格は3万3300円だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう