ニュース
» 2018年10月10日 16時43分 公開

「Surface Studio 2」と「Surface Headphones」、日本で2019年発売決定

[井上輝一,ITmedia]

 日本マイクロソフトは10月10日、同社のオールインワン型PC「Surface Studio 2」と、Surfaceブランド初のヘッドフォン「Surface Headphones」を日本で発売することを明らかにした。Surface Studio 2は2019年1月、ヘッドフォンは2019年の「早い時期」に発売を予定する。

「Surface Studio 2」。右にあるのは「Surface Pro 6」と「Surface Laptop 2」の黒モデル

 Surface Studio 2自体は米Microsoftが10月2日に発表。日本価格はまだ明かされていないが、米国における直販価格は3499〜4799ドル(日本円で約40万〜55万円)としている。

側面にはSurface ペンがマグネットで保持される
展示機(テスト機)のスペック

 ディスプレイは前モデルに引き続き、28型の4500×3000ピクセル。CPUとGPUの処理能力を向上させた。展示していたテスト機のスペックは確認できた限りでは、Core i7-7820HQとメモリ32GBだった。

 Surface Headphonesは仕事や作品作りに集中することをサポートする、ノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドフォン。ノイズキャンセリングは13段階の調節が可能。4つのビームフォーミングマイクとアクティブノイズキャンセリングマイクを備え、外部の音をスルーで耳へ通したり、ハンズフリー通話ができるとしている。

Surface Headphones
仕事などに集中するためのデバイスであることをアピール

 同社Surfaceプロダクトの責任者であるチーフプロダクトオフィサーのパノス・パナイ氏は、Surface Studio 2を「デザイナーのためのピアノ」と表現。

チーフプロダクトオフィサーのパノス・パナイ氏

 「娘がピアノに没頭しているとき、ピアノは体の一部になっており、ピアノ自身のテクノロジーを感じさせない」と、良い道具がクリエイターの創造性を引き出す例を紹介。Surfaceシリーズも「ピアノ」と同様に、それ自体のテクノロジーをユーザーに感じさせず、仕事や作品作りに没頭できるデバイスを目指したと語った。

 パノス氏によれば、日本はSurface市場において世界最大になったという。

 また、「Surface Pro 6」のLTE版については「未定」とし、言及を避けた。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう